新型iPhoneのiOS13のリーク情報

iPhone修理ジャパン渋谷店です!

 

今年も新型iPhoneのリーク情報が続々と公表されています。

そして次のiOS13のリーク情報も同時進行で上がってきております!(^^)/

今回のiPhoneの名称はXIと命名されています。

名前的にFFみたいなゴロになってきているように感じているのは私だけでしょうか??w

 

XIという名称になるかはさておき、気になるのはそのスペックです。

カメラ機能の向上は今回も組み込まれており、予定ではカメラは中央に移動する形でデザイン変更がされるのではないかという情報が多くなっています。

そしてOSに関してはダークモードが採用されるとの新情報です。

「iOS13」のダークモードと「iPhone XI」を組み合わせたイメージ画像

iPhone XI iOS13 ダークモード コンセプト PhoneArena

次期iOS13で採用?のダークモード

今秋の「iPhone XI」については、背面に3つのカメラを搭載し、AR(拡張現実)機能が強化されると予測されています。

また、iOS13には画面の背景をダークカラーにできる「ダークモード」が採用される、とBloombergが信頼できる情報源からの話として報じています。

macOS Mojaveでは、すでにダークモードが採用されており、現在ベータが公開されているmacOS Mojave 10.14.4では、Safariもダークモードに対応します。

iPhone XI iOS13 ダークモード コンセプト PhoneArena

黒以外の色使いにも工夫

「iPhone XI」と「iOS13」のダークモードを組み合わせたレンダリング画像を、携帯電話・スマートフォン専門メディアPhoneArenaが公開しました。

画面の背景色や、各種ボタン類の色調がダーク系になっています。

iPhone XI iOS13 ダークモード コンセプト PhoneArena

画像を公開したミレン・ヤナシュコフ氏は、黒以外の色の使用についても工夫した、と語っています。

単純に白を使うのではなく、他の色も抑えました。単色のボタンではなく、ボタンの外周に色を使うことで情報を伝えられるようにしました

 

ダークモード、OLED端末の消費電力も抑制

背景をダークカラーにすることは、暗い場所で画面を見ても眩しくないだけでなく、個々の画素が発行する有機EL(OLED)ディスプレイを採用するiPhone X/XS/XS Maxでは消費電力が抑えられるメリットもあります

iPhone XI iOS13 ダークモード コンセプト PhoneArena

次期iOSのバージョンとなる「iOS13」は、例年どおりなら6月の世界開発者会議(WWDC 19)で開発者向けに発表され、バグ修正を繰り返して9月に一般ユーザー向け正式版が公開される見込みです。

 

 

今年2019年モデルの価格帯は?

(13)

 

今年のモデルは全機種有機ELディスプレイになるとの情報もあり、価格帯は今までより高いか、あまり変わらない可能性もあります。

ですが、液晶自体に指紋センサーが埋め込まれる技術が採用されるかもしれないとのリークもあり、今までよりも高価になる事も予想されます。

 

20181025-ipadmini5-e-e1540430906203

 

今年はiPhone以外でもiPadminiの新型も発売予定との噂もあり、2019年は新型モデルが昨年よりも多く展開される可能性が高まっています。

 

ipod-touch-product-initial-2015

また、忘れはいけないのがiPodtouchの新型です。

コアユーザーから、学生のユーザー等幅広く人気のあるiPodシリーズの新機種も発売予定です。

これだけ待ち望んでいた機種の発売があるのであれば、昨年のように株価が下がることもないのではないでしょうか?

今年はAppleに大きく期待できる年になるかもしれませんね。

 

参考記事 : iPhoneMania

https://iphone-mania.jp/news-238959/

shibuya

iPhone修理ジャパンは渋谷駅南口から徒歩5分。画面が割れた、バッテリーが持たなくなった、充電できなくなった、水没させちゃった・・。そんなiPhoneのトラブル・お悩みの解決をお手伝いいたします。 お気軽にご相談くださいね。 https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/shibuya/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。