iOS14でiPhoneが生まれ変わる?

iOS14で具体的に何が変わるか?

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

 

日本時間の6月23日に開催されたAppleの開発者会議WWDC20にて、次期システムソフトウェアiOS 14が正式に発表されました。

基調講演の開幕からお披露目され、次期バージョンでの新機能の数々を紹介しています。

開発者向けには同日よりベータ版の提供を開始し、パブリックベータ版は7月に、正式版は2020年秋のリリース予定としています。今回はiOS14には具体的にどのような機能があるかをまとめて

みました。

 

 

 

 

 

ついにホーム画面に様々なウィジェットが追加可能

新機能の発表にあたり、まずホーム画面がより便利になるということが挙げられました。iPhoneに関しては大きな仕様変更や操作性の改善長い間ありませんでしたが、数々の新要素が発表され

ています。

まず期待していたユーザーも多かったホーム画面に様々なウィジェットが追加可能となります。アプリアイコンやさまざまなウィジェットを正方形や長方形といった形で自在にカスタマイズす

ることが出来るなどということも可能なようです。ほか、ホーム画面の最終ページには、インストールしている全アプリを整頓して表示する「Appライブラリ」が追加されます。Appライブラ

リに関しては、次でまとめていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

アプリの位置がすぐに分かるAppライブラリ

Appライブラリという新機能でiPhoneのホーム画面は複数作るとアプリを見つけにくくなってしまっていましたが、iOS 14では簡単に見つけられるようになるようです。Appライブラリの導入に

よりインストール済みのアプリがカテゴリごとに自動整理されるようになり、これまでよりもホーム画面の管理が楽になるだけでなく、検索バーでは使用しているユーザーに最適なアプリが

「提案」グループとして表示されるようになります。

Appライブラリのレイアウトは、上から順にiOSによる提案に近いもののフォルダ、最近インストールしたアプリをまとめたフォルダ、それに続く形でカテゴリごとに自動整理されたフォルダが

並ぶ形式になっており、フォルダ内のアプリは頻繁に使うものから優先して並ぶようです。

 

 

 

 

 

その他にも、、、

上記以外にもiOS 14で使用可能になる新機能は多くあります。

まずiPadでも利用できるピクチャインピクチャがサポートされることによりiPadと同じようにアプリを起動しているときでも動画やFace Time通話を小窓で表示することができます。

またピクチャインピクチャの小窓が邪魔になってしまった場合でも画面の外側に向かってスワイプすることで音声のみの再生に切り替えることができるようになっているようです。

他にもこれまでSiriを起動するとSiriの専用の画面が画面全体で表示されていましたが、iOS 14ではSiriが画面のなかに馴染んでいるようなデザインに生まれ変わります。また機能的な面でも強化

が図られており、Safariで表示しているページ内の情報をリマインダーなどに追加することが可能といった機能がiOS14で実装される予定です。

 

 

 

 

 

iOS14には機種によっては危険性も?

iOS14へのアップデートでは良い部分も多くかなりの良アップデートと言えそうですが、機種によっては様々な不具合が出てしまう危険性も潜んでいます。

例えばiPhone11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第

1世代)、iPhone SE(第2世代)がiOS14の対応機種とされています。しかし、昔に発売されたモデルになればなるほどバッテリーの消費が激しくなってしまいます。元から入っていない機能を

インストールするということはどんどん荷物が増えて言ってしまうということなので当然と言えるでしょう。購入してからの経年劣化と合わせるとより消費が激しくなってしまいそうですね。

対応していない機種で万が一インストールしてしまうと、iPhone自体が壊れてしまう可能性もありますので、パブリックベータ版もしくは正式版をインストールする際はお手持ちの端末のモデ

ルをもう一度確認する必要がありそうです。

 

 

Source:https://sbapp.net/appnews/app/upinfo/ios14/shinkinou-116662

 

 

shibuya

iPhone修理ジャパンは渋谷駅南口から徒歩5分。画面が割れた、バッテリーが持たなくなった、充電できなくなった、水没させちゃった・・。そんなiPhoneのトラブル・お悩みの解決をお手伝いいたします。 お気軽にご相談くださいね。 https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/shibuya/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。