スマホのバッテリーが飛行機で運べなくなる?

こんにちは。
iPhone修理ジャパン川越店です。

記憶にも新しい、航空機内でのスマホ炎上事件。
それから航空機内リチウムイオンバッテリーの扱いは厳しくなりました。

当たり前といえば当たり前なんですが…

米FAA、旅客機でリチウムイオンバッテリーの貨物扱いを禁止へ

(詳細はiPhone maniaさんのページで御覧ください)

主にアメリカでの取り決めですが、各国に影響するでしょう。

リチウムイオン電池を空輸する事が出来なくなる=スマホも空輸で輸入/輸出が出来なくなるということです。

ですがそれでは流通に問題が出るので…

「バッテリーの残り容量が30%以下なら大丈夫」

という線引を設けるとのこと。
ですので、新品のスマホなどの初期容量が30%で手元に届く…場合によっては空っぽの状態で届くことになりそうです。

これ、意外と買取査定の時などに困ると思うんですよね。

新品未使用品の各種チェックをする時は、基本充電ができないんです。
(充電をすると未使用品とはいえなくなってしまうので…)

となると各種チェックを手早く済ませなくてはいけない…
なかなかシビアです…

 

kawagoe

iPhone/iPad/iPod/Xperia修理のご紹介・スマフォ買取のご紹介や スマフォに関する便利な情報やお得な情報等、幅広く書いております♪ 是非ご覧くださいませ(^_-)-☆

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。