今注目のHonorの新型ついに発表

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

今注目の中国メーカーHonorから最新モデルが公式発表されました!

今回のデザインは新しく穴あきディスプレイ構造で構成されています。

ディスプレイの面積をより多くするために、穴あき構造にしています。

 

今までのスマホとは違った革新的なデザインとなっています。

 

穴開きディスプレイのHonor View 20が中国で公式発表〜4,800万画素のカメラ

高画質カメラを搭載

HonorView 20」は、4,800万画素のリアカメラを搭載しています。CMOSイメージセンサーにはソニーのIMX586が採用されています。

iPhone XS Maxのカメラと比べてみても、詳細までより鮮明に対象物を捉えています。

また、AIS Super Night Shotと名付けられたモードで、暗所での撮影に大幅な改善がもたらされています。

また、3D ToF(Time of Flight)センサーを搭載しているため、正確に人々と背景を隔てることができるとされています。

自撮りカメラは2,500万画素で、ディスプレイ上に開けられた4.5mmの穴に埋め込まれています。穴開きディスプレイは、2019年のスマホのトレンドになるともいわれており、従来のノッチよりも優れているとされています。

穴開きディスプレイにより、View 20の画面占有率は91.8%に到達しています。

パソコン並みの冷却システム

”NINE”と名付けられた冷却システムは、9つのレイヤーから構成される熱設計で、パソコン並みの冷却性能を発揮するといわれており、安定したCPUの高周波数での稼働を実現させます。

なお、GPUはMali-G76 MP10を搭載しています。

その他のスペック詳細

その他のスペック詳細は、6.4インチ・アスペクト比19.25:9のLCDディスプレイ、Kirin 980システム・オン・チップ、6GMまたは8GBのRAM、128GBまたは256GBのストレージ、4,000mAhのバッテリーとなっています。

販売価格は、6GBのRAM・128GBのストレージモデルが2,999中国元(約48,150円)、8GBのRAM・128GBのストレージモデルが3,499中国元(約56,190円)、8GBのRAM・256GBのストレージモデルが3,999中国元(約64,220円)となる見込みで、中国国外向けには1月22日にフランス・パリで発表される予定です。

 

 

今後の発売の動向は??

20180627-054532558

 

先にもお伝えした通り、今米中関係はかなり冷え込んでいます。

現状貿易摩擦が続いて、不買運動や締め出し等を繰り返している中、今回の新機種の公式発表。

他国での発売も視野に入れているようですが、この冷え込んでいる状況の中で発売にどう影響するか気になる所です。

スペックはかなり高く、ユーザーの満足度は高くなるでしょう。

価格帯もリーズナブルなのが中国メーカーの強いポイントの一つです。

 

技術面でも世界に遅れを取らない点からみて、ユーザーは中国メーカーでも欲しがる方はいます。ですが、世界情勢から今後の中国の印象が悪くなれば、発売も危うくなるやもしれませんね。

 

参考記事 : iPhone Mania

https://iphone-mania.jp/news-236179/

shibuya

iPhone修理ジャパンは渋谷駅南口から徒歩5分。画面が割れた、バッテリーが持たなくなった、充電できなくなった、水没させちゃった・・。そんなiPhoneのトラブル・お悩みの解決をお手伝いいたします。 お気軽にご相談くださいね。 https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/shibuya/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。