iPhoneのガラス割れと液晶割れの違い

こんにちは!iPhone修理ジャパン川越店です!

今回お話しさせて頂くのは

ガラス割れと液晶割れの違いです!!

 

 

ガラスと液晶は一緒??

 

まずは液晶とガラスの役割から。iPhoneは液晶をカバーするようにガラスが付いております。

裏側を見てみましょう。

左のパネルを見て頂くと、銀色と黒い部分が液晶部分となります。銀色と黒の部分は薄いプレートになっており、内部からの圧や熱をいくらかこのプレートが守ってくれています。そのくらい液晶は脆いものとなっております。

ガラス部分の役割は正面のキズや液晶に直接当たらないように覆っています。

つまり液晶とガラスは違い、それぞれ

ガラスは正面からのキズ防止、液晶の保護

液晶は画面を映す、タッチ操作の役割をもっています

※iPadの場合は異なります。

 

ガラスが割れてしまった!!液晶は大丈夫??

 

ガラスが割れるということは本体に衝撃は少なからず入ってしまっている、という証拠です。

ガラスが衝撃を受け止めてくれたのか、液晶までキズが入ったのか、確認してみましょう。

 

タップ操作が出来ない

液晶はタッチ操作もかねているので、所々タッチが効かなくなってしまった、違うところをタップしてしまうなどの症状が出てしまう場合は液晶が傷ついてしまっている可能性が大です!

画面ロックのパスコードが勝手に押されてしまっている場合もあるので早急の修理が必要です!

 

にじみ、線がある

線が1本でも、にじみがちょっとでもある場合は液晶がキズついている証拠です。

タッチできなくなってしまったり、更にキズが深くなってしまう場合もあるので早急の修理が必要です。

 

ガラスが割れているけど、上記のような症状はない

 

おそらく衝撃がガラスまでに留まってくれたのでしょう。

ただし、このまま使用することによって指圧などで液晶にキズが入ってしまう場合もあり、

液晶とガラス割れで値段が異なる修理業者が多いため、早めの修理をお薦めいたします。

 

液晶とガラス割れはまったく異なります。

割れてしまった!使えなくなってしまった!なんてことが御座いましたら是非当店にご相談くださいませ(^^)/