悪夢再び!?iPhone8に仕組まれた罠!【そのiPhone欠陥品かも!!】

iPhone修理ジャパン新宿店スタッフDです!

久々にスタッフブログを書いていきたいと思いますぅ~

 

今日はiPhone8に関する話題を書いていきたいと思います。
今やキャリア以外の、格安SIMキャリアも販売をしている人気のiPhone8。

iPhoneXと同時期に発売されて、その後iPhoneXsがロールアウトされてからも、「ホームボタンのiPhoneがいい!」「指紋センサーが付いているiPhoneじゃなきゃ嫌だ」「端末が高いから安い機種でいい」等々、様々な理由からiPhone8を手にするユーザーが多かった事が非常に印象的です。

iPhone8の64GBとiPhoneXの64GBのモデルでも価格差がかなりありましたからね(;´∀`)
端末もXは重くなるので、軽くて持ち運びできるサイズが良いという方にとっては、iPhone8のサイズは非常に好まれたはずです。

そんなiPhone8ですが、実は「基盤(ロジックボード)の構造上の欠陥」が見つかりリコールになっている事をご存知でしょうか??
これはある特定の期間で製造された機種に対してのリコールになるのですが、今日はこちらをご紹介したいと思います。

 

発売当初のiPhone8の基盤は曰く付き

今回ご紹介するiPhone8のリコール問題の内容ですが、簡潔に言うと「基盤の欠陥」によるトラブルです。

どんな不具合かと言うと、「勝手に再起動を繰り返す」「電源が入らない」「電源を切れない」等、私生活で使用する事が出来ない状態に陥いってしまうそうです。

 

【 Apple公式HPから一部抜粋 】

”ごく一部の iPhone 8 に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明しました。当該の iPhone 8 では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhone をオンにできないなどの症状が見られることがあります。Apple では、対象となる iPhone 8 を無償で修理いたします。”

”この問題が確認されているのは、2017 年 9 月から 2018 年 3 月までの間に、オーストラリア、中国大陸、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売された iPhone 8 です。”

参考記事 : Apple公式HP
https://support.apple.com/ja-jp/iphone-8-logic-board-replacement-program

 

原因として、基盤の構造上の欠陥とされています。
基盤のどの個所に問題があるかは分かりませんが、一説によると「中国のメーカーが製造する際の工程に問題」があるとされています。

iPhone8とiPhoneXでは製造メーカー(サプライヤー)が2社で割り振られており、その片方で製造されたiPhone8で、基盤を生産する際に手抜き工事をした事が発端になったのではないかとも言われています。

iPhone7の悪夢が再び繰り返される!?

過去にiPhone7の大多数の機種が突然「圏外」になってしまうトラブルでリコール問題に発展したことを覚えているでしょうか?
この頃起こったトラブルを俗に「圏外病」と称し、当店にご来店されるお客様が非常に多くいらっしゃいました。
「圏外病」に関しては、部品交換では全く解消されず、基盤その物を修理するもしくは交換しなければ解消されません。

当時はかなり問題となって、正規店にユーザーが殺到したそうです。

ですが、今回のiPhone8のは、この規模よりもかなり小さいとされています。
その理由は、「製造された期間」にあります。

 

 

発売当初はあまり売れなかった

HP上では、2017年9月~2018年3月と正確に明記されています。
iPhone8が発売されたのが2017年9月後半になるので、初期段階で製造された期間から半年の間に作られた機種に該当します。

iPhone8が発売された年の翌月にiPhoneXもリリースされたので、この時はiPhoneXの方が売れていました。
又、この半年間で製造された物が対象とは言っても、10台の内10台すべてが不良という事でもないので、結果iPhone7程の大きな問題に
なることがありませんでした。

ですが、万一不具合が発生した場合は、当店にお持ち込み頂くか、早めにAppleに直接診断してもらう様にしましょう。
もしくは自分のiPhoneがリコール対象の物なのかをシリアル番号で調べることも出来るので、以下のURLで事前に調べてから
Appleに行くとスムーズかもしれません。

《無償交換プログラム》:https://support.apple.com/ja-jp/iphone-8-logic-board-replacement-program

 

 

不具合が無くても油断間禁物です

今回はリコール問題について書かせて頂きました。

iPhone8を使ってるユーザーの方はくれぐれもご注意ください。
何があってもいいようにデータのバックアップは必須です!

そして、2018年3月以降に製造されたiPhone8でも注意が必要です。
昨今iOS13以降にアップデートした瞬間トラブルに見舞われるユーザーが後を絶ちません。
最新の機種でもソフトウェアによるトラブルが急増しています。

今年もAppleの発表イベントがあり、iOS14もリリースされる予定ですが、アップデートする際は油断せず
バックアップなど万全の態勢で行う様に心がけましょう。

 

shinjuku

iPhone修理ジャパン新宿店はJR新宿駅中央東口から徒歩3分というアクセスの良さが自慢です。iPhone・iPad・iPod・mac・エクスペリアと様々なスマホ・タブレットの修理を行っています。 修理の相談・見積もりも無料。お気軽にお問い合わせください。 また、使わなくなったスマホ・タブレットの買取も行っています。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。