SAMUSUNG、イヤホンジャック廃止の方向へ

th

iPhone修理ジャパン川越店です。

大手SAMUSUNGが、今後発売される新機種からイヤホンジャックの廃止する動きがあるそうです。

AppleのiPhone7以降、イヤホンジャックを廃止されてから、否定的なCMを展開するなどを行ってきたSAMUSUNGですが、ここに来て方向転換をしてきました。

 

 

 

Samsungもスマホからイヤホンジャックを廃止

W2019 Samsung

イヤホンジャックがない初のスマートフォン

Samsungが発表したばかりの高性能フリップ式スマートフォンW2019は、外側と内側にそれぞれ4.2インチのスーパーAMOLEDディスプレイ、Snapdragon 835チップ、6GBのRAM、128GBのストレージ(256GB版もあり)、背面に1,200万画素のデュアルカメラ、800万画素のフロントカメラを搭載しています。

側面には指紋認証センサーと、Samsung開発の音声アシスタントBixby専用ボタンを装備。充電はUSB Type-C(USB-C)コネクターで行い、バッテリー容量は3,070mAh、Android 8.1 Oreoを搭載しています。

そしてこのW2019からは、Samsungのスマートフォンとしては初めて、3.5ミリイヤホンジャックが廃止されました。

 

中国と韓国で限定して発売される新型機にはすでにイヤホンジャックが廃止され、世界初のイヤホンジャック非搭載スマホとなりました。

しかも今後もイヤホンジャックは搭載しない方向ということです。

iPhoneの新型の影響が、SAMUSUNGに大きい打撃を与えているのか、それともandroidスマホとして、新しい新境地を作りだそうとしているのでしょうか??

 

ダウンロード

iPhoneにイヤホンジャックがないことを皮肉る

SamsungもAppleやGoogleに続き、スマートフォンからイヤホンジャックをなくすのではないかとの噂は度々浮上していましたが、実現していませんでした。Samsungの現行ハイエンドモデルであるGalaxy S9/S9 Plus、そしてGalaxy Note9は、どちらもイヤホンジャックを装備しています。
むしろイヤホンジャックを取り除くことには否定的で、2016年にiPhone7からイヤホンジャックが廃止されるとの噂が流れた時には、Samsungは新製品発表会でわざわざそのことをネタにしました

そして2017年秋には、iPhone XにイヤホンジャックがないことをディスするテレビCMを流しています。

しかし中国・韓国限定モデルとはいえ、W2019におけるイヤホンジャック廃止は、来年発売される主要スマートフォンからのイヤホンジャック消失につながる可能性が高いと、SamMobileは指摘しています。

 

ノッチについても茶化していた過去

Samsungといえば、iPhoneやGoogle Pixel 3 XLの画面上部にあるノッチ(切り欠き)を茶化す広告を展開してきたにも関わらず、今後発表するディスプレイにノッチを設ける可能性を開発者向けイベントで示唆し、話題となりました。

 

この上記に二点も、敢えて否定することで注目させる戦略だったのでしょうか??

周りのメーカーの流れにSAMUSUNGも合わせざるおえなくなっえいるのでしょうか?

兎にも角にも、今後のSAMUSUNGもiPhoneに対抗すべく、新技術も搭載する傍らで、仕様までもAppleにあわせて、販売促進していく方向性で戦略を練っていくのでしょうね。

来年には折りたたみ式の有機ELスマホの発表で注目されていますから、さらに注目が集まりますね。

 

kawagoe

iPhone/iPad/iPod/Xperia修理のご紹介・スマフォ買取のご紹介や スマフォに関する便利な情報やお得な情報等、幅広く書いております♪ 是非ご覧くださいませ(^_-)-☆

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。