スタッフブログ

お友達や仕事の打ち合わせなどのや約束で、

今日〇〇に〇〇時に待ち合わせ。

とスケジュールを組み立てるものの、なかなか現場に現れない人が居るのは定番。

そんな時相手が今どの距離にに居るかがわかるといつ来るか分からない不安がなくなりますよね。

iOS13ではマップで到着予定時刻をご友人や家族と共有できる機能が追加されるとのことでご紹介致します。

 

秋に正式版がリリースされるiOS13のApple「マップ」アプリでは、家族や友人など連絡先に登録している人と、移動中の現在地情報や目的地への到着予定時刻を共有できるようになります。

マップの新機能「Share ETA」

米メディア9o5Macによると、iOS13で導入される「Share ETA(estimated time of arrival:到着予定時刻)」機能を利用すると、自分が現在どこにいるのか、目的地に何時頃に到着するのかの情報を、相手と共有することができます。到着予定時刻は自動で更新されるため、途中で発生した交通渋滞なども反映されます。

Share ETA」を利用するには、iOS13を搭載したiPhoneが必要です。同機能は「マップ」アプリ内で、またはCarPlayインターフェースの一部として提供されます。

「Share ETA」の使い方

同機能の使い方は以下の通りです。

  • 「マップ」で「車」を選択、ナビゲーションを開始します。
  • 下の白いタブを上にスワイプします。
  • 「Share ETA」のアイコンをタップします。
  • ETA(到着予定時刻)をリアルタイムで共有したい人を連絡先から選択します。

選択した相手のiPhoneのロック画面には、あなたの現在地情報と到着予定時刻を含む通知が表示されます。相手が「マップ」アプリを開くと、あなたの移動経路も確認することができます。

自動的に通知を送る設定も可能

「Share ETA」で自動的に通知を送るように設定するには(たとえば夫や妻に帰宅時間を毎日知らせたい場合など)「よく使う項目」に自宅などを追加します。

場所を選び(仮に「自宅」を選択)、(i)ボタンを押して詳細を表示します。詳細画面の「Share ETA」で「連絡先を追加」をタップします。1人だけでなく複数の連絡先を追加することもできます。

以降は自宅に向けて出発すると、追加した相手に到着予定時刻と現在地情報が毎回自動的に通知されるようになります。

Android端末とも共有可能

連絡先で選択した相手がマップで情報を見るには、相手もiOS13を搭載したiPhoneを使用している必要がありますが、iOS13にアップデートしていないiPhone、またはAndroid端末を使用している場合でも、到着予定時刻を共有することができます。この場合は、テキストメッセージで情報が送信されます。

記事引用元 https://iphone-mania.jp/news-250263/

例えばお子様の帰り時間や今どこに居るかが通知されるので安心。

運送などの仕事にも導入できれば今どのへんに荷物があるのかがリアルタイムで分かるようになるかもしれません。

中にはあまり現在地を知られたくない方もいるかも知れませんが(笑)

今後いろいろな場面で活躍してくれる機能の一つだと思われます。

スタッフブログ
新しいiPhoneはこうだっ❗❗

皆さんこんにちは! iPhone修理ジャパン新宿店です😊   発表日とされる日が迫って来ま …

スタッフブログ
【Apple】発表会は9月〇〇日が濃厚?!

皆さんこんにちは✨ iPhone修理ジャパン新宿店です😊     iPhoneフ …

スタッフブログ
今年のiPhoneは3種類を展開か。

皆さんこんにちは! iPhone修理ジャパン新宿店です😊   どんなモデルは販売されるので …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。