iOS13にて厄介な不具合が発生

iPhone修理ジャパン新宿店です。

 

今iOS13にて厄介な不具合が発生しております。
この現象は、iOS13/13.1/13.1.1で確認されている現象です。

 

アプリを移動するとフリーズや誤作動を起す

 

iOS13以降から、大きく使用が変更されています。
iPhoneXsMaxまでで採用されていた「3Ⅾtouch」機能が廃止されたり、ダークモードが採用されたり
様々な機能が搭載されています。

その中で、アプリを移動する機能に関する事ですが、アイコンを長押しするとサブメニューが開かれて、項目に「アプリを移動」という
項目があります。
これを選択すると、今まで通りアプリの移動が可能になります。

 

 

が、、、、、しかし、、、、、、

 

この機能を使うと端末が「フリーズ」したり「誤作動」を起こす

バグが発生しています(;´・ω・)

 

 

改善策は????

でも、安心して下さい!!その不具合の解決策があります!!

 

【 設定方法 】

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」OFF

これをすれば問題なくアプリを移動する事が出来ます(^^♪

 

詳しくは以下のURLでも紹介されていますので、是非見てみてください♪

参考記事 : SBAPP

https://sbapp.net/appnews/app/upinfo/ios13/idou-narabikae-dekinai-105637

 

 

 

その他でも発生しているiOS13での不具合

今回はメジャーアップデートという事で、大きく仕様が変わっているのもあるのでしょうが、
今までの不具合の中で、かなり厄介なバグが多発しています。

 

・ 銀行アプリにtouchIDでログインできない

・ キーボードアプリで、許可なく、勝手に機能を追加されてしまう

・ 一部のゲームアプリでジェスチャー機能が上手く機能しない

・ カメラが動作しない

 

上記の不具合は今まで起こったことの内容な不具合ばかりです。

Appleでは、iOS13リリース後11日目にして、3回目の更新が行われていました。
これも異例の事態で、OS12ではここまでの不具合は起こりませんでした。

今後もバグ修正のアップデートが送られてくるでしょう。

まだアップデートされていない方は、なるべくアップデートしないようにしましょう。

出来れば、不具合報告が少なくなってきたタイミングでアップデートするようにしましょう!!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。