Appleが公式にiPhone6s/6s+の修理プログラムを発表。

以前より、当店でも系列店でも半年ほど前から

「突然電源が入らない」

というご相談を複数件頂いておりました。
破損や水没の形跡もなく、本当に突然という言葉が正しい内容です。

一ヶ月に二台ほどのペースで来ていたので「おかしい」と思っていましたが…
やはり根本的な異常を抱えていたようです。

問題のiPhoneは2018年10月から2019年8月までに製造されたもので
お客様も「最近買ったばかりなのに」と言う方が殆どでした。

こういった不良や故障の際にAppleでは「バックアップ」を推奨しています。
しかし電源が入らない状態では実質不可能となり、決してユーザーフレンドリーとは言えません。

ですのでiCloudやPCへのバックアップはiPhoneを使う上で必須項目と言っても過言ではないでしょう。
しかし多くのユーザーが知らないまま使っている現状も、ある種の問題だと日々感じます。

もちろん知識がないまま使うことにも問題はあるかもしれません。
カメラを増やす、機能を増やすのも進化だと思いますが…

もう少し分かりやすく、更に使いやすく進化してもらいたいですね。
そんな修理人の一言でした。

修理プログラムの詳細はAppleのサポートページへ。

iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。