AirPods ProとiOS13.2が発表&リリース!

スタッフブログ

iPhone修理ジャパンスタッフSです

今朝はAppleからの発表でタイムラインが賑やかでした。
というのも「出る」と噂されていたAir Podsの上位版

AirPods Pro

iOS13.2/iPadOS13.2

がリリース&発表されたからなんですね。

AirPods Proは現行品に比べノイズキャンセル機能形状の改良が施され、今までインナーイヤータイプだった装着方式がカナル型へ変わりました。

今までのAirPodsもiPhoneとの親和性を極限まで高めた優れた機能性で人気ですが、イヤホンとして見たときに…
「ずれやすい」「落ちないか心配」「スポーツには不向き」と言われ、その原因は現在主流になりつつある耳栓のようなフィット感のあるカナル型ではなくインナーイヤー方式に拘っていた点にあります。

対策としてAppleはオーディオメーカーであるbeatsを買収しカナル型イヤホンをbeatsブランドに割り当てていたように思いますが、今回のAirPods ProではついにAppleブランドからカナル型イヤホンが登場するという、待ち望んでいた人にはうれしいニュースだと思います。

さらにフィット感にプラスしてノイズキャンセリング機能も追加されたことで…

騒音の多い都市部や雑踏でも快適な音楽鑑賞が楽しめるとあれば、ワイヤレスイヤホンの全体相場がこなれてきた昨今においてもコスパを気にせず使える定番イヤホンになるものと思われます。

そして、ここはついでかもしれませんが…耳からうどん感も格段に減りました。

そんなAirPods Proに対応するアップデートを含んだiOS13.2では、様々なバグの改善も含まれているとか。
ここのところ、特にiOS13という機能的な面でも大きく要素が追加されたパージョンでは細かいバグが多く報告されています。

いままではiOS〇〇.2などの小数点が付いたアップデート(マイナーアップデート)で安定していくという常識も、革新的なバージョンアップでは難しいようです。

基本的にiPhoneやiPadのソフトウェアバージョンを下げることは出来ませんし…
「どんな状態でもアップデートできる」と思っているユーザーも少なくありません。

iPhoneやiPadを使う上で必要な理解を得ないまま使っているユーザーが大半だと思います。実際、バックアップの方法も分からないという方もいらっしゃいますし…もう少しユーザーに寄り添うような手段を用意してほしいと思います。

進化を続けるApple製品を眺めながら、そんなことを思うスタッフSでした。

スタッフブログ
フリーWiFiを活用して通信量を抑えよう!

あなたのプランは何GB?   1,2年前と比べてフリーWiFiスポットが増えてきましたよね …

スタッフブログ
新iOS14 のコンセプト動画現る!?

iPhone修理ジャパン新宿店のスタッフDです。   iOS13がリリースして約1ヶ月半が …

スタッフブログ
2020年の iPhone の 5G 対応なるか!?

iPhone修理ジャパン新宿店スタッフDです!   今年も2ヶ月足らずで終わり、2020年 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。