【LINE】ネット利用者の実態調査 報告

LINEが2019年下期の「インターネットの利用環境に関する調査」の結果を発表しました。

 

調査サンプルは15〜59歳の男女、計797サンプル。

抽出方法は住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て。

方法は調査員による個別訪問留置調査。調査期間は2019年10月。

 

日常的なインターネットの利用環境は、「スマホのみ」での利用が最多。

女性では59%、男性では40%が「スマホのみ」の利用となっています。

 

全体的に見ても『スマホ利用者』過去の調査に比べ徐々に増加しており、今回調査では全体の93%が利用。

ネット利用頻度も統計ごとに上昇しており日本国内でのスマホ普及率と比例しているのが結果として伺えます。

 

 

来年度から国内でも『5G』サービスがスタートします。

今後より一層、インターネットの普及が生活の一部に欠かせない密な時代になるかと思われますので

インターネット利用のないユーザーというのは今後も0に近付いていくでしょう。

 

引用記事 PR TIMES

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。