SAMSUNGまたもやバッテリー発火!GALAXY S10

以前にもGALAXY Note7でバッテリーの発火が相次ぎ、

至る所で持ち込み不可能な状態にまでなったSAMSUNG。

今回新たに「GALAXY S10」を購入したユーザーがバッテリーが発火したとSNS上で報告しました。

Galaxy S10が入手翌日に発火!充電できなくなったら要注意?

入手したばかりのSamsungGalaxy S10が突然発火したとする報告が中国SNSの微博に投稿されました。リチウムイオン電池の不具合が原因だと考えられています。

入手した翌日に発火

Galaxy S10が突如燃え出したとする投稿者によると、1カ月前の5月26日にECサイト(京東)で購入した端末が、翌日には煙を上げて発火したそうです。公開された画像をみると、Galaxy S10の筐体は熱で溶解しており、かなり激しく燃焼した様子が確認できます。

2019-07-01 13.25.33

残骸はSamsungが調査のために回収したものの、1カ月経過しても京東とSamsungともに音沙汰がないことから、仕方なく微博での公開に踏み切ったようです。

発火前に予兆があった

燃えた後に気づいたことではあるものの、この男性ユーザーは発火の予兆があったことも明らかにしています。

2019-07-01 13.27.06

男性によれば、Galaxy S10を入手した翌日の午後、いきなり充電ができなくなったそうです。充電が一向に進まず、接続ケーブルとスマートフォン底部が極端に熱くなっていたため、一旦は接続を解除しました。しかしGalaxy S10の発熱が収まる様子は一向になく、手に持っていられなくなった投稿者は床に投げ捨てました。すると今度は煙に続いて、小さな火が上がりました。しばらくして火は消えたものの、煙は依然として燻り続けていました。水をかけてようやく収まった、と彼は微博で述べています。

正式な原因は分かりませんが、発火の前に充電ができなくなったことを思うと、バッテリーに使われているリチウムイオン電池が関連している可能性は高いでしょう。リチウムイオン電池はスマートフォンやPCなど、多くの電子デバイスに使用されていますが、経年劣化や衝撃で膨張や発火する危険性を備えています。

実際、SamsungのGalaxy Note7もバッテリーが原因で大規模なリコール騒動に発展したほか、最近もMacBook Proのバッテリー自主回収iPad発火に伴う死亡事故絡みの訴訟など、リチウムイオン電池絡みのトラブルが立て続けに起きています。

記事引用元 https://iphone-mania.jp/news-252420/

バッテリーの発火事件はSAMSUNGだけではなく、AppleのiPhoneでも起きており、

リチュウムイオンバッテリーの特性上薄型の端末には負担が掛かると以前からその危険性を危惧していた研究者もいました。

今では折りたたみ式のスマホも登場しており、より安全性を兼ね備えた端末開発が必要になってきそうです。

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。