iPhone6s/6sPlus リコール問題

iPhone修理ジャパン渋谷店スタッフDです。

 

先月、先々月から頻繁にお盛り込みされるようになったiPhone6s、iPhone6sPlusの「突然起動しなくなる」不具合ですが
とうとうAppleが公式発表で異常があると認め、交換プログラムを開始する事になりました。

今まで修理で依頼が来ても、画面修理もしくはバッテリー交換が殆どだった機種ですが、ここに来て欠陥が見つかってしまったようです。

 

 

iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題

同社ホームページには以下の文面にて発表はありました。

”一部のコンポーネントの故障により、特定の iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らなくなる可能性があることが判明しました。この問題の影響が確認されているのは、2018 年 10 月から 2019 年 8 月までの間に製造された、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみです。”

 

上記の内容通り、交換対象になるのは2018年10月~2019年8月までに製造された端末が対象となっております。
この期間内で、起動できなくなったという症状でお持ち込みされた端末は数多くあります。

 

過去にもリコールを起していたiPhone6s

 

iPhone6s・6sPlusの発売は今から4年前になります。
当時は特に不具合はなく、優秀な機種ではありましたが、2015年9月~10月までの機種で「突然シャットダウンしてしまう問題」という
不具合でリコールがかかりました。

これに関しては一部のiPhone6sのみでしたので、大きなリコールにはならずに済んだのですが、今回のリコール問題はかなり大きなリコールになっているのが現状です。

ですが、今回問題が起こっているのが2018年10月以降なので比較的最近製造された端末という事になります。

AppleではすでにiPhone6sの販売はされていない為、現在格安SIMで販売されてる機種が対象かと思われます。
当店で修理でご来店される方でも、殆どの方が、「Yahoo!モバイル」「UQmobile」等の格安SIMのキャリアを使用していました。

今使用している格安SIMのユーザーは、以下のURLにてシリアルナンバーを入れると、対象機種かどうか確認が出来ますので
是非確認して見てはいかがでしょう??

引用記事 : Apple

https://support.apple.com/ja-jp/iphone-6s-6s-plus-no-power-issues-program

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。