iPhone11 Pro maxが Galaxynote10+ に処理速度で敗北

iPhone修理ジャパン渋谷店スタッフDです。

 

今日は私が一番気にしていたiPhone11ProとGalaxynote10∔の性能差を比較してみたという記事がありましたので
今回はこちらをご紹介しようかと思います。

この企画私個人的に物凄く好きな実験で、毎回新機種が出るたびに見ています(^^♪

この実験では、「iPhone11ProMax」と「Galaxynote10∔」で、決まったアプリを同じ順番で開いて処理速度を比較してみる
という実験です。

iPhone11ProMaxとGalaxynote10∔のCPU

まずiPhone11ProMaxは最新技術を盛り込み、スマホ史上最高峰の性能を誇ると言われている「A13 Bionic」です。
Galaxynote10∔はandroidスマホの中でも最高峰の「Snapdragon 855 Exynos 9825」を使用しているスマホです。

 

現状androidでは、このCPUが最高峰と言われているので、どのくらい差が縮まったのか気になる所です。

iPhone11ProMaxはRAM4GBと言われており、Galaxynote10はRAMが12GBあります。
この差がどれ程影響するのかも気になる所ですね。

早速見てみましょう。

 

 

 

 

iPhone11 Pro Max VS Galaxy Note10+、その結果は・・

 

iPhone11 Pro Maxは4GB、Galaxy Note10+は12GBのRAMを搭載

 

YouTubeチャンネルPhoneBuffは、iPhone11 Pro MaxとSamsung Galaxy Note10+で、指定のアプリをすべて開くのにかかる時間を比べました。

1周目のスピードテストでは、iPhone11 Pro MaxがGalaxy Note10+をある程度引き離しましたが、開いたアプリをもう一度開く2周目のテストで、iPhoneがSamsung端末に対して遅れをとり始め、最終的に6秒遅れで全タスクを終了しました。

iPhone11 Pro MaxとGalaxy Note10+は、RAM容量が8GBも異なるので、Note10+が勝って当然のような気もしますが、これまで行われてきたスピードテストでは、新作iPhoneが常にSamsungのフラッグシップ機を破ってきた実績があるため、今回の結果は異例と言えます。

この差が出たのは、主にRAMの容量の差によるものかと思われます。
RAMの容量が多ければ多いほど、アプリを沢山開いても、動作がスムーズです。

開けば開くだけ、動作が重くなり、アプリに立ち上がりも悪くなります。
今回の実験では、4GBと12GBの差がある為、Galaxyが勝つのは当然な様にも思えました。

変わってiPhone11ProMaxは、4GBのRAMでありながら、6秒差で終わるのは逆にすごい事ではないでしょうか?
これが同じRAMであれば、結果は変わっていたでしょう。

この実験から分かったことは、RAMを増量しなければ、iPhoneには勝てないという事です。

12GBの3分の1でここまでの速度ですから、RAMを増設したら恐ろしい事になりそうですWW

やはり、iOSは優秀ですね(^^♪

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。