iPhone起動できないトラブルが多発!?原因はiOSが原因か?

iPhone修理ジャパン渋谷店スタッフDです!

 

今店内で非常に多い修理事例で、「iPhoneが突然起動しなくなる」不具合が多発しております。

昨日までは通常通り使用出来ていた端末なのに、朝起きてみたら突然使用できなくなってしまったという事で
修理でお持ち込みされるケースが急増しております!

そういった端末の復旧率でのお話をさせて頂くと、直る場合もありますが、直らないケースの方が多いです。
何故直ったのか?何故直らなかったのか?

今回は、その点をご説明させて頂きます。

 

 

 

iOSのアップデート失敗によるフリーズ

まずはiOSのアップデート失敗による起動不可の修理事例です。
お持ち込みされた当時の状況は、「リンゴマーク」から先に進まずフリーズしてしまう状態でした。

このケースの場合は、まず強制的に「リカバリーモード」に入れる事で、再度アップデートを試す事が出来ます。

PCにiTunesを起動させて、端末を以下のやり方でリカバリモードにいれます。

 

【 iPhone5~iPhone6sPlus の場合 】

・ 端末の電源を完全に落とします

・ 電源が切れている事が確認出来たら、ホームボタンを押しながらPCにつなげます

・ 画面上にリンゴマークが出て、しばらくするとiTunesのマークが表示されます

・ リカバリモードに入ったら、画面の指示に従いアップデートを行います

 

 iPhone7~8Plus・iPhoneX の場合 】

・ 端末の電源を完全に落とします

・ 電源が切れている事が確認出来たら、スリープボタン+音量(-)ボタンを押しながらPCにつなげます

・ 画面上にリンゴマークが出て、しばらくするとiTunesのマークが表示されます

・ リカバリモードに入ったら、画面の指示に従いアップデートを行います

 

上記の方法で「リカバリモード」に入れることが出来ます。
アップデートをする際ですが、間違って「復元」を押さない様に注意してください!
「 復元 」=「 初期化 」なのでデータがすべて消えます。

 

《 補足 》

リカバリモードでアップデートがされず「エラー番号:14」が表示されるようでPC自体を変えてみてください。
何度もやって解消されなければ「初期化」を行う必要があります。

 

 

基盤の故障

もう一つは基盤の破損による起動不可の症状です。
この場合は、基盤上のキャパシタやコイルの破損が多く、それらを交換すると直る場合があります。
基盤の破損する原因はハッキリとは分かりませんが、恐らく過充電による基盤の破損が考えられます。

iPhone等のスマホを充電する時は必ず電気が必要です。
電気が流れている時は、充電していない時よりも端末にある程度の負荷がかかります。
よくありがちなのが、「充電したまま就寝してしまう」事です。

iPhoneは0~80%までは「急速充電」状態になります。
80%以降は「トリクル充電」状態になるので、充電される際のアンペアが低い状態で電気が流れていきます。

ここで100%に充電されたままケーブルを挿しっぱなしで充電されると、過充電状態になり端末に負荷を掛け続けてしまうので
最終的に基盤を壊してしまう要因となります。
又、非純正のケーブルでの充電も破損の原因となります。

こうならない予防策として、「必ず純正のケーブルを使う」「100%近くになったらケーブルから外す」事を心がけてください!

 

 

上記の方法が復旧もしくは修理出来た場合の症状になります。

では直らなかったケースのではどういう故障で多いのでしょうか?

 

 

 

CPUの故障

これはiPhone自体の故障が基板ではなくCPUその物が故障している場合です。
当時お持ち込みされたお客様で、全く起動していない端末を持ってご来店された時の事です。

ヒアリングしてみると、昨日充電して、朝起きたら突然起動しなくなっていたそうです。

作業を行い、バッテリー交換や画面交換など全て行いましたが、ハードウェアの交換では全く解消されませんでした。
基盤の方でも水没した形跡はなく、腐食も全く見られませんでした。

更に基盤の細部まで、電圧・電流等を測定して見ましたが、正常でした。

結果、CPUその物が破損しているという判断になり、修理する事が出来ませんでした。

こういった故障の場合は、ハードウェアから基盤の順番に点検していくのですが、ここまでやって
直らないとなると、ソフトウェアの破損である可能性が高くなります。

こうなると、基盤の修理では全く改善されません。
この場合の原因は、iOS等のソフトウェアの不具合の可能性が考えられます。
先に紹介した【 iOS失敗によるフリーズ 】の内容と被りますが、この場合リカバリモードにすら入らないので
手の施しようがありません。

 

以上が、今回のブログの内容です。

この症状は、正直、直るか直らないかは実際修理して見ないと分からない故障です!
突然起動できなくなっても、まずは一度お持ち込み下さい。
出来る限り修理させて頂きます!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。