iPad専用OSで文鎮化になる不具合が発生

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

最近リリースされたばかりのiPad専用のOSに関して、新しくiOS13.2のベータ版がリリースされました。
それに当たって、今度はiPadProに関して、「文鎮化」してしまい使用できなくなる不具合が発生してしまいました。

ここ最近は「文鎮化」の症状は起こらないでいたので、安心していましたがまさかのiPadProにのみ起こしまう形となりました。

iPad13.2ベータ2、2018年iPad Proが文鎮化する問題が発生

すでにiPad Proからのインストールは不可能に

iPad13.2ベータ2を2018年のiPad Proにインストールしようとすると、アップデートが途中で失敗し、DFUモードを使っても動作しなくなってしまった、といった書き込みが、米メディアMacRumorsの読者フォーラムに相次いでおり、話題となっています。

Appleは、すでにiPad Pro向けのiPad13.2ベータ2の配信を停止しており、アップデートを試みてもエラーメッセージが表示されるようになっています。

MacRumorsは、AppleはすでにiPad Proで正常に動作するバージョンのリリースを準備しているようだ、と指摘しています。

 

 

パブリックベータのインストールは慎重に

iOS13.2/iPadOS 13.2は、開発者向けベータ2に加えて登録ユーザー向けのパブリックベータもリリースされています。

Appleにユーザー情報を登録すれば、無料で未公開OSを試すことができるパブリックベータは魅力的ですが、開発中の未完成版のため、不具合が残されており、データ消失などのリスクを伴います。

パブリックベータは、メインで使用するデバイスにはインストールしないことを強くお勧めします。

 

飲用記事: iPhoneMania

https://iphone-mania.jp/news-263811/

 

 

 

そもそもiOSのβ版とは??

 

時折話題に上がるiOSのベータ版、これに関してはまだよく分かっていない方がいるかと思います。

簡単な話、iOSの最新版の体験版とでも思ってください。
Appleは事前に動作に問題が無いのを確認した上で試験的にベータ版をリリースします。

それを行うことにより、修正点をまとめて、後々に正式なOSとして公表します。

このベータ版にソフトウェアに関しては、実は誰でも簡単にダウンロードできる訳ではありません。

Appleが希望者のみダウンロードできるように、

Apple Beta Software Program

https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/

というページで希望者を募り、登録者のみダウンロード出来る様にしています。

 

このプログラムによって、OSの修正点をまとめているのです。

デメリットとしては、まだ未知数のOSなので、アップデートしてしまった場合予期せぬ不具合にあう可能性があるので
正直率先してアップデートするのはオススメできません。

例えば、iOS13.2のベータであればそこまで心配はないとは思いますが、メジャーアップデート(iOS14等)のベータ版は
大きく仕様が変更されている場合が多いので、この時だけはアップデートを控えて、ネット等の評判を確認してから
アップデートしたほうが良いでしょう。

 

今回の様に、「文鎮化」してしまう場合がありますので、ダウンロードする際はお気を付けください!!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。