ios13/iPadOS13、いまだ相次ぐ不具合報告

iPhone修理ジャパン渋谷店スタッフTです。

 

公開当初からバグが多いことで何かと話題になり、アップデートを繰り返すiOS13ですが、またまた不具合を訴える書き込みが相次いでいるようです。

早期の解決を願うユーザーの切実な声が、メディアで多数紹介されています。

 

マルチタスクが機能しない

米メディアMacRumorsによると、iOS13iPadOS 13をインストールして以降、アプリを切り替えて元のアプリに戻ろうとすると、前に使っていたアプリが終了し再起動してしまう、という書き込みが、MacRumorsの読者フォーラム、Twitter、Appleのサポートコミュニティ、掲示板サイトRedditなどに相次いでいるとのことです。

MacRumorsの読者フォーラムには、iOS13をインストールしたユーザーから、以下のような書き込みが寄せられています。

 

iPhone11 ProでYouTubeの動画を観ていて、メッセージに返信するために動画を一時停止し、1分弱の間メッセージアプリを操作してYouTubeアプリに戻ると、再読み込みされてしまった。同様のことがiPad Proでも起こっている。iOS12よりも、アプリやSafariのタブが頻繁に再読み込みされる。

 

iPhone7 Plusで、Safari、Instagram、Facebookなどのアプリ間を切り替えるたびに、アプリが再読み込みされる。iOS12では発生しなかった。

 

MacRumorsは、影響を受けた一部ユーザー個人の感想だが、と前置きした上で、先日公開されたiOS13.2では問題が悪化しているようだ、として書き込みを紹介しています。

 

iPhone Xで、カメラアプリを開くと他のアプリからメモリから消えてしまうのには慣れた。しかし、iOS13.2では、バックグラウンドのタスクも全て終了してしまう。

 

今日は、メッセージアプリとSafariを行き来していると、切り替えるたびにアプリが再読み込みされた。iOS13では、バックグラウンドでSafariのタブ1つを開いておくこともできず、すべてのアプリが最初から読み込まれる。iOSがマルチタスクになる前に退化してしまったように感じる。

 

また、先日macOS Catalinaの「メール」アプリの不具合を指摘した開発者のマイケル・ツァイ氏が、Twitterに書き込まれた同様のコメントをまとめており、多くのユーザーが同様の問題を報告していることがわかります。

 

この問題はiOS13.2ベータで気付いていた。Overcastアプリのユーザーも報告していた。iOS13.2では、以前のバージョンと比べてバックグラウンドのアプリが強制終了されやすくなっているようだ。

(iPhone11でカメラを使うと、画像処理にRAMを多く必要とするため、特にその傾向が強くなるようだ)

 

引用記事:iPhone mania

https://iphone-mania.jp/news-265384/

今後のソフトウェアアップデート

今後もAppleは、アップデートによって修正を続けることが見込まれます。が、このままソフトウェアの不具合が多発していくようではApple製品への信頼が損なわれる可能性も否定できません。

1 つのアプリから別のアプリにすばやく切り替えることができ、また元のアプリに戻ると、アプリを切り替えたときの状態から操作を続けることができるマルチタスク機能。コアな一部のユーザーが使うマニアックな操作ではなく、ほとんどのユーザーが日常的に使う欠かせない機能なので、多くの人が今後不具合を感じるかもしれません。ユーザーの一人として、大好きなApple製品は快適に使っていきたいものです。今後のAppleの早急な対応を期待します。

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。