Huawei社員がiPhoneでツイートして処罰

iPhone修理ジャパン渋谷店です!

新年あけてから、よくユーザーではSNSで「新年おめでとう」のツイートやタイムライン等を上げるユーザー(特に若い人)が多いです。

 

そんな当たり障りのないツイートをしてHuaweiの社員が処罰されたという事例が発生したそうです。

内容ではiPhoneを使用して「新年おめでとう」のツイートをして処罰という何とも驚きの内容でした。

Huawei、iPhoneからの「新年おめでとう」ツイートに関与した社員を処罰

huawei

Huawei公式Twitterアカウントが、昨年大晦日に「2019年おめでとう」のツイートを投稿しましたが、これがiPhoneから送られたものであることがわかり、物議を醸していましたが、Huaweiが問題のツイート投稿に関与した社員に罰則を科していたことが明らかになりました。

VPNがうまく動作しなかったのが原因か

問題となったのは、Huaweiの公式Twitterアカウントによって投稿された新年の挨拶のツイートです。内容自体は2019年の数字が光って浮かび上がっている、特に大きな意味のないものですが、「via Twitter for iPhone(Twitter for iPhoneを介して)」との表記が画像の下に残されていました。

Marques Brownlee

@MKBHD

That was fast

7,887 people are talking about this

Huaweiの挨拶ツイートを投稿したのは、ソーシャルメディアを担当するSapientという企業で、VPNがうまく動作しなかったことから、デスクトップコンピュータからローミングSIMの入ったiPhoneに切り替えて送信したとのことです。

中国ではTwitterやFacebookなどの海外サービスはアクセスが制限されているため、VPNを使用する必要があります。

 

 

6830_2_1

1ランク降格および給料カット

Reutersが入手した1月3日付のHuaweiのメモには、シニア・ヴァイス・プレジデントおよび取締役のチェン・リーファン氏の「事件はHuaweiブランドを傷つけた」とのコメントが記されており、手続きに従っておらず、管理上の見落としがあったとして、Huaweiは担当していた2人の従業員を1ランク降格させ、月給を5,000中国元(約78,540円)カットしたことがわかっています。

また、処罰を受けた社員の一人、Huaweiのデジタルマーケティング・ディレクターは、12カ月間の昇給凍結となった模様です。

 

処罰の内容は結構えげつないですね。

給与カット及び昇給まで一時的にできなくなるとは、かなり重く見られたという事になります。

これも米中の貿易摩擦の影響なのでしょうか。

この国家間の険悪状況が続けば、更に状況は悪化し、国だけでなく、その国で作られた製品を使った庶民までも罰則対象になりかねない状況に陥りそうですね。

 

今年は何かとお騒がせな両国ですが、早く沈静化に向かってほしいもんです。

 

 

参考記事 : iPhone Mania

https://iphone-mania.jp/news-236669/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。