2020年のiPhoneで指紋認証復活か!?

iPhoneXから指紋認証(TouchID)は廃止され新たに顔認証(FaceID)が搭載されました。

発売当初はどのスマートフォンよりも先駆けて搭載されたFaceIDですが、

来年の2020年には再び指紋認証に戻るのではないかという情報が入ってまいりました。

しかも以前のホームボタンに搭載されていた仕様ではなくディスプレイに搭載される仕様になるのではいかと予想しています。

 

ディスプレイに指紋認証とカメラ埋め込んだiPhoneが2020年に登場?

他のスマートフォンメーカーに先駆けていち早くFace ID(顔認証)を採用したAppleですが、早ければ来年には再び指紋認証に戻る可能性も指摘されています。ただし、Face ID以前に採用されていた従来のTouch IDとは異なります。

早ければ2020年モデルから採用か

Credit Suisse証券のアナリスト、スー・ホウフ(蘇厚合)氏は、iPhoneのディスプレイを供給するサプライヤーが積極的に「ノッチ(切り欠き)のない全面ディスプレイ」の開発を行っているとし、早ければ来年にもAppleは新iPhoneの一部モデルでFace IDを廃止し、ディスプレイ下にインカメラと指紋認証センサーを埋め込むだろう、との大胆な予測を発表しました。

同氏によれば、2021年には3モデルのiPhoneにディスプレイ上での指紋認証技術が採用され、Face IDに見切りをつける可能性があるそうです。

2019-07-13 11.06.19

この観測は突然降って湧いたものではありません。

先日開催されたアジア最大のモバイル展示会MWC上海で、Android陣営がこぞって全面ディスプレイを採用する潮流が見られた、とホウフ氏は述べます。とりわけ、従来の「水滴型」のノッチではなくディスプレイ上の指紋認証を採用した技術が目立ち、こうした流れがiPhoneの認証技術を見直す動きになるのではないか、というわけです。Android陣営の採用が進むことで、市場規模が大きく拡大し、パーツのコストが下がるのも追い風となりそうです。

指紋認証見直しの観測は他にもあるが

Credit Suisse証券の予測は大胆ですが、Appleが指紋認証を再評価したがっているのではないか、とする見方はこれまでにも登場しています。

例えば、5月には投資銀行Barclaysが「ディスプレイのどこでも(フルスクリーン)Touch IDを可能にする音響指紋認証技術」が2020年に採用されると予測したほか、最近もFace IDを廃止しTouch IDをディスプレイ下に埋め込んでコストを下げた「中国限定iPhone」登場の観測が浮上しました。

ディスプレイ下にインカメラを埋め込む技術も、OPPOが「Under-Screen Camera(USC:スクリーン下カメラ)」として発表しており、Appleがいつまでもノッチに固執する理由はありません。

しかし、これだけ指紋認証よりも高い利便性やセキュリティをアピールしていたり、Face IDを活用したシステムを積極的に展開していたりする以上、ノッチはともかくFace IDまで早々に廃止するとは考えにくいでしょう。仮に指紋認証がより高度な技術として復活するとしても、現実的にはFace IDとの複合認証がしばらく続く可能性が高そうです。

 

記事引用元 https://iphone-mania.jp/news-253345/

 

満を辞して出したFaceIDをAppleが手放すのは俄かに信じがたい話です。

現状行われている2段階承認のように指紋認証と顔認証での承認でセキュリティーをさらに高める試みはある可能性が高いですね。

ただし、セキュリティーが高くなると端末に不具合が起きた時の対応もしっかり対応できるようなプログラムが必要になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。