高齢者のスマホ保有率が5割越え!?

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

 

現代でのスマートフォンの普及率調査で、高齢者層のスマホ保有率が、国内で5割を超えるという結果が分かりました(;゚Д゚)

その対象とされているのが70代のユーザを対象に調査したそうです。
スマホの保有率は年々増加傾向にあり、今なお増え続けています。

 

2019年のスマートフォン比率は8割超

モバイル社会研究所は、日本国内でスマートフォンもしくはケータイを所有している6,045人を対象にした「スマートフォン比率に関する調査」の結果を発表しました。

スマートフォン、ケータイ所有者のうち、1台目もしくは2台目にスマートフォン所有と回答した人をスマートフォン所有者として算出した結果、2019年のスマートフォン比率は83.9%でした。

スマートフォン比率

スマートフォン比率は2010年の調査開始以来、右肩上がりとなっており、今回の調査で初めて8割を突破しています。

今回の調査では、70代の他若年層のユーザーのスマホ割合も算出されています。

高齢のスマホ保有率が5割を突破!
若年層の保有率は100%!

20160215154910-01547

70代のスマートフォン比率は5割を突破

スマートフォン比率を性・年代別に分けた調査では、2019年の70代のスマートフォン比率が男性は56.2%、女性は53.4%で初めて50%を突破したことがわかりました。

また15歳〜24歳までの若年層では、99%以上がケータイではなくスマートフォンを所有しています。

スマートフォン比率は性別に関係なく増加しており、2018年の調査では男性74.2%、女性74.3%だったのに対して、2019年の調査では男性82.9%、女性85.0%となっています。

スマートフォン比率:性・年代別

上記の画像を見て頂けるとわかる通り、若年層のスマホ保有率が100%となっています。
又、それ以降の年代も49歳までのユーザーが90%以上保有しています。

 

59歳までは80%を超えた保有率で、ガラケーを使用していると思われるユーザーは2割にも満たない結果となっています。
ガラケーを持っている方を稀に見かけることもありますが、見かけたらかなりレアな機種なんですね・・・(;^ω^)

 

ここまでスマホを使っている割合が多いのは驚きです。
スマホは若い人の物という概念が昔はありましたが、今は簡単操作できるスマホも普及している為、保有率が上がったのではないかと思われますね(;’∀’)

 

今度はiPhoneとandroidのユーザー細かなデータの詳細でも調べてみようかと思います!

 

引用記事 : iPhone mania

https://iphone-mania.jp/news-250182/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。