次世代Firefoxは処理が2倍高速に!?

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

 

今回はMozillaが新しく開発した「Firefox preview」をご紹介します。

この新しいブラウザーは、従来のFireFoxと大きく違う特徴として、独自のレンダリングエンジンを採用したことで、ブラウザーの処理速度が2倍に向上し、より快適に使えるように開発されたブラウザーになっています。
※使用できるのはandroidのみの仕様になっている為、iOSは使用できません。

独自のレンダリングエンジンを採用した「Firefox Preview」

Firefox Preview3

Mozillaが現地時間27日に公開したAndroid向けの新ブラウザ「Firefox Preview」は、Mozilla独自のレンダリングエンジンGeckoViewを採用していることが特徴です。
 
プライバシー保護と速度向上の観点からデフォルトでトラッキングを防止する仕様になっており、スピードは従来の「Android for Firefox」と比べて最大2倍高速化しています。

また、お気に入りのサイトをテーマごとに保存、ユーザー間で共有できる新ブックマーク機能Collectionsも搭載します。

「Firefox Preview」はアーリーアダプター向けのプレビュー版として、すでにGooglePlayにて公開されていてインストールも可能です。

なお、Mozillaは以前にもプライバシー保護と動作の軽さを売りにしたブラウザ「Firefox Focus」をリリースしていましたが、今後は次世代のFirefoxに注力するため、「Firefox Focus」の開発を一時的に中止すると発表しています。

 

FireFoxの世界シェア

TFjJrCzV_400x400

調査会社Net Applicationsが今年4月に発表したデータによると、モバイル向けブラウザのシェア状況はGoogle Chromeが63.5%、Safariが26.4%、QQ(中国のブラウザ)が2.7%でした。

その中でのFirefoxが持つシェアは1.8%とかなり少ない数字です。

 

引用記事 : iPhoneMania

https://iphone-mania.jp/news-252287/

 

FireFox previewで世界シェアは変わる?

unnamed (1)

今までよりも高速化しているFireFox previewはandroidOSのみの対応でリリースされましたが、これが世界シェアを広げられる要因になるかは正直分かりません・・(;´∀`)

元々FireFoxは、ユーザーのプライバシー保護を重視した匿名性の高いブラウザーとして有名で、開発した企業も非営利組織が利益ではなく、ユーザーの為のソフトウェアとして開発されました。
アドオン機能を使う事で、悪質な広告表示をブロックすることも出来るなどカスタマイズ性もあり、オープンソースで構成されている為、バグの修正も即時に発見されやすいのも特徴です。

そんな良いこと尽くしのFireFoxが世界シェアで負けている原因として言われているのは、認知度が少ないのと、標準ブラウザーから移行するのが面倒くさいという2点だと考えられています。

androidは標準ブラウザーに設定できますが、iPhoneは出来ないので、iOSの方は面倒かもしれません。ここをクリアできれば日本でもシェアは広がるのかな?とも思います(;´∀`)

FireFoxは思っていたほど使いにくくはないので、気になる方は、是非この新ブラウザーを使ってみてはいかがでしょう?

次回は、「FireFox preview」のレビューをまとめてご紹介しようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。