最新iOS13以降、5s・6・6Plusサポート終了へ

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

 

先日のWWDCの発表でiOS13の発表が行われました。
前回、iOS13の対象機種がiPhone5s・6・6Plusが対象外になるのではないかという情報を
お届けさせて頂きました。

今回の発表でその全貌が発表されました。

 

噂通り、iPhone5s・6・6Plusのアップデートは対象外

Snap_2019-6-4_3-3-6_No-00-2-w1280

今回の新OS13は今までの使用から追加された機能が多くなっています。
主に行われた内容としては以下の通りです。

・デフォルトアプリの仕様変更

・ダークモードの追加

・個人情報管理の変更

・メッセージにアバターを設定

・「カメラ」アプリの新オプションの「High Key Mono」でポートレートのライト機能が向上

・OSの学習機能の向上

・端末の全体的な高速化

以上の内容になります。

その他、バグの修正が入ります。

 

今回のOSの対象機種は以下の機種に限定されています。

〇iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE

〇iPod touch(第7世代)

以上の記載の事から、iPhone5s・6・6Plus・iPodtouch6までの機種はアップデート対象外となり、これでOSサポートの完全終了が確定しました。
iPhoneSEは辛うじて対象内となり、生き残りました。

今後、アップデートはiOS12.4までとなり、それ以上はアップデートできなくなります。

 

発売当初は絶大な人気を誇ったiPhone6と今でも根強い人気のiPhone5sのOSサポート終了はユーザーにとっても衝撃の内容と言えます。

 

一番懸念されるのはバッテリー消費の増加

20181026-ipadmini4-02

iOS13でのアップデートで一番懸念されるのは、「バッテリーの消費」です。
今回「全体的な高速化」と言うのがメインとなっている為、CPUの処理能力が肝になるのですが、これがA9・A10のCPUが対応しきれるのかが疑問に思います。

今までOSをアップデートした時点で、処理能力が追い付かず、バッテリーの消費が拡大してしまう事がユーザーから報告されています。
個人的に、iPhoneSE・6s・6sPlusはアップデートすると今よりもさらにバッテリーの消費が懸念されます。

アップデートする際は、アップデート後のレビューや不具合報告の情報を基にアップデートするのをオススメします。

どんあ不具合を起こすかも分からないので、アップデートするのであれば、事前にバックアップしてからアップデートするようにしてください。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。