新型iPhone登場!その名は、iPhone11・11Pro・11Pro Max!!

iPhone修理ジャパン渋谷店です!

 

日本時間の今日の深夜、とうとうApple社が新商品発表イベントで、「新型iPhone」の製品発表を行いました!
リーク情報通り今回は3モデルの同時発売という事でした。

気になるのは、今回はiPhoneが今までのiPhoneXsやXRとどう違うのか?
その辺りも解説しながら、具体的にどこがどう変わったのかも説明していきます!

 

それでは、早速いきましょう!!

 

 

① 待望の新モデルは全部で3モデル

去年のiPhoneXsやXsMaxに関しては、あと出しでiPhoneXRが発売されました。
今回に関しては、3モデル同時発売となりました。

リーク情報と違う点は、3モデルとも有機ELディスプレイではないという事です。
iPhone11は、iPhoneXR同様に「液晶ディスプレイ」、iPhone11Pro・11Pro MaxはiPhoneXsと同様に「有機ELディスプレイ」です。

画面のデザインは、今までのiPhoneXシリーズ及びiPhoneXRと同じノッチがあるデザインとなっており、大きな変更はありません。
画面のインチサイズも、XR・Xs・XsMaxと同じ大きさになります。

 

 

 

 

 

② CPUは全iPhone中で最強!?

iPhoneXsに採用されていたA12 Bionicチップは、当時のスマホの中で上位の演算能力を有していました。
今回のA13 Bionicは、そのA12をも超える驚異の演算能力を持っています。
その性能は、1秒間に1兆回の処理が可能としています。

GPUの性能も20%の高速化と40%の省電力化に成功し、最後に、ニューラルエンジンは8コアで、20%高速化し15%の省電力化を果たしています。

 

 

 

 

③ カメラは2眼と3眼へ変更

iPhone11はデュアルカメラに変更になり、iPhone11Proからはトリプルカメラに変更になりました。

 

《 iPhoneXR・iPhone11とカメラ性能比較 》

iPhone XR 12MP (ƒ/1.8) 4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
7MP (ƒ/2.2) 1080p
(30,60fps)
iPhone 11 12MP広角 (ƒ/1.8)
12MP 120°超広角 (ƒ/2.4)
4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
スロー (120,240fps)
12MP (ƒ/2.2) 4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
スロー (120fps)

iPhoneXRとiPhone11カメラ性能を比較してみました。
表で見てみると、その性能差は一目瞭然です。
左側から「背面カメラ」「背面動画撮影」「前面カメラ」「前面動画撮影」の順になります。
4K対応になっている幅が広くなっているので、XRと比較するとかなり高画質になっています。

 

 

 

《 iPhoneXs・XsMaxとiPhone11Pro・11Pro Maxのカメラ性能比較 》

iPhone XS 12MP広角 (ƒ/1.8)
12MP望遠 (ƒ/2.4)
4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
7MP (ƒ/2.2) 1080p
(30,60fps)
iPhone 11 Pro 12MP広角 (ƒ/1.8)
12MP 120°超広角 (ƒ/2.4)
12MP望遠 (ƒ/2.0)
4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
スロー (120,240fps)
12MP (ƒ/2.2) 4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
スロー (120fps)

 

iPhone XS Max 12MP広角 (ƒ/1.8)
12MP望遠 (ƒ/2.4)
4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
7MP (ƒ/2.2) 1080p
(30,60fps)
iPhone 11 Pro Max 12MP広角 (ƒ/1.8)
12MP 120°超広角 (ƒ/2.4)
12MP望遠 (ƒ/2.0)
4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
720p (30fps)
スロー (120,240fps)
12MP (ƒ/2.2) 4K (24,30,60fps)
1080p (30,60fps)
スロー (120fps)

 

こちらも左側から「背面カメラ」「背面動画撮影」「前面カメラ」「前面動画撮影」の順になります。

今回のiPhone11Pro・11Pro Maxは3眼カメラに変更されていますが、その内一つが、「望遠レンズ」です。
その為iPhone11Pro以降は、望遠機能が追加されており、広範囲での撮影を可能にしています。

全面カメラも、画素数が7メガピクセルから12メガピクセルへ変更され、4Kでの撮影も可能になりました。
背面カメラの性能は、望遠以外は差ほど大きな変更はない印象です。

 

 

 

 

 

④ 気になる本体価格は??

今回のiPhone11・11Pro・11Pro Maxでは、リーク情報では、今までより高くなるという情報から
CPUの製造コストが下がるという観点から、据え置きになるのではと言われていました。
今回発表された3モデルの価格は以下の通りです。

 

《 本体価格を比較 》

機種 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone XS 112,800円 129,800円 152,800円
iPhone XS Max 124,800円 141,800円 164,800円
iPhone XR 84,800円 90,800円 101,800円
iPhone 11 74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 11 Pro 106,800円 122,800円 144,800円
iPhone 11 Pro Max 119,800円 135,800円 157,800円

上記の表を見ての通り、XR・Xs・XsMaxに比べると最大で1万円程値下げしている事がわかります。
これらの価格は税別になるので、今年10月から消費税が上がるので、ここに10%の税金が加算されるようになります。
リーク情報の予想は外れましたが、値下げになっているにはユーザーにと言って良い事でしょう。

 

 

 

 

 

⑤ 新色「ミッドナイトグリーン」が新たに追加!

カラーリングにも変更がありました。

今までは、Xsシリーズで、【ゴールド】、【スペースグレイ】、【シルバー】の3色でした。
ここに新色【 ミッドナイトグリーン 】が追加されています。
見た目は、ラグジュアリー感が出ていて、高級感があります。

 

iPhoneXRに関しては、【(PRODUCT)RED】、【イエロー】、【ホワイト】、【コーラル】、【ブラック】、【ブルー】の6色でした。iPhone11では【 パープル 】【 グリーン 】の2色が追加され、【 コーラル 】が廃止されました。
画像を見る限り、かなりスタイリッシュなデザインなので、若いユーザーで、特に女性ユーザーに人気がありそうなデザインになっています。

 

 

 

 

⑥ 3Dtouch機能は廃止・水没レベルはIP68へ強化

iPhoneXsまでの機種で採用されていた3Dtouchは廃止されました。
その代わり、XRで採用されていた「Haptics Touch」を全モデルに採用されました。
これにより、3Dtouchの採用が終了した事になります。

水没耐水レベルも、XsのIP67等級からIP68等級へ引き上げされました。
これまで以上に、水没による耐久力は期待できるでしょう。
かと言って、過信して海などへの持ち込みは禁物です。

 

 

 

 

⑦ バッテリー容量も増加し、稼働時間の向上に成功

3モデルとも、バッテリー容量を増やしCPUの性能向上で、今までよりも更に稼働時間が伸びました。

・ iPhone11・・・XRよりも最大1時間長い駆動時間

・ iPhone11Pro・・・Xsより最大4時間長い駆動時間

・ iPhone11Pro Max・・・Xs Maxより最大5時間長い駆動時間

これまで以上に快適に使用できる様に改善されました。

 

 

以上が、今回の新型iPhoneのまとめでした。

 

 

総評して言いますと・・・・・

 

 

今回のiPhoneはXsとXRのマイナーチャンジモデルです。

 

大きく変わった機能もなく、カメラ機能の向上とCPUの性能向上は、今までのマイナーチェンジモデルと同じ構成になっています。
正直、期待していた部分もありましたが、思っていたほど驚きはありませんでした。

価格帯は多少安くなりましたが、欲しいかと言ったら微妙です。(どちらかと言えば型落ちのXでも良いと思います。)

全体的に素晴らしい機種ではありますが、今後のユーザーのレビューを見たり、実機を触ってみた感想等をまとめて、
またブログで公開したいと思います。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。