今後日本でも非正規店で修理したiPhoneがApplecareの補償対象になるか

オーストラリア連邦裁判所は、非正規店で修理を受けたiPhoneが「エラー53」により操作不能になった問題について、アップルが顧客に誤った説明をしていたとして、900万豪ドル(約7億3000万円)の罰金支払いを命じました。

引用元:https://japanese.engadget.com/2018/06/20/7-iphone-53/ Engaget

日本ではもう過去の事例になったであろうエラー53問題ですが、オーストラリアではまだ争っていたのですね。そして記事にある通り、提訴した側の競争消費者委員会(ACCC)は「非正規業者によってディスプレイその他の修理を自由に行える権利」を主張していて、今回Appleが罰金を支払うことによって、非正規業者がiPhoneを自由に修理する権利を認めたところが一番大きいです。

日本でもこの流れが起これば消費者が修理屋にもっと足を運びやすくなるんですけどね…

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。