ワイヤレスイヤホンの耐水性比較。

季節は7月。

ジメジメした陽気が続きます。

小雨の時とか傘をさすか手荷物になるからささずに気合いで乗り切るか悩む時があるのではないでしょうか?

そんな中最近ではワイヤレスイヤホンをつけて歩いている方を多く見掛けるようになりました。

ケーブルの絡まりがなく持ち運びも便利なことから、需要は年々高まっております。

そこで今回はワイヤレスイヤホンの耐水性について比較した記事が掲載されていましたのでご紹介いたします。

AirPods、Powerbeats Pro、Galaxy Budsの耐水性能比較

 

完全ワイヤレスイヤホンとして人気のAirPodsPowerbeats ProSamsung Galaxy Budsの耐水性能を比較したテスト動画を、米メディアCNETが公開しています。

AirPodsは耐水性能の情報なし

テスト対象となる3つのワイヤレスイヤホンの耐水性能は、以下のとおりです。
2019-07-04 16.57.45

Powerbeats ProのIPX4は「防沫形」と呼ばれ、0.07L/minの水量で、あらゆる角度からの散水を行い、最低5分間の散水で浸水が発生しないレベルの耐水性能です。

Galaxy Budsが対応するIPX2は「防滴Ⅱ形」と呼ばれ、15度に傾斜した状態で3mm/minの水の滴下を、各方向から2.5分間ずつ、計10分間の散水で浸水が発生しない耐水性能です。

一方、AppleはAirPodsに耐水性能があるとは説明していません。

日常生活で発生しそうな状況で耐水テスト

米メディアCNETが公開した、AirPods、Powerbeats Pro、Galaxy Budsの耐水性能テストは、ワイヤレスイヤホンが日常生活で発生しそな状況で濡れてしまった後、正しく動作するかを検証しています。

テスト1:運動中の汗

まずは、ジムで運動しながらワイヤレスイヤホンを装着し、汗をかいた場合を想定したテストです。

2019-07-04 16.59.24装着したワイヤレスイヤホンに、霧吹きで顔から水が滴り落ちるほどの水をかけます。

2019-07-04 17.00.34

イヤホンを乾燥させた後、Bluetooth接続、音楽再生の音質、マイクの録音音質をテストした結果、3モデルとも問題なく動作しています。

2019-07-04 17.01.46

Appleは、AirPodsを自社製の「汗」に浸して耐久性を試験しているほどなので、耐水性能についての情報がなくても、スポーツの汗に触れる程度は問題なさそうです。

テスト2:金魚鉢に水没

次に、深さ約30cmの金魚鉢に水没させ、5秒間沈めた後に取り出すテストです。お皿を洗っているときに台所に落としたり、トイレに落としてしまうなど、水没のリスクは身近にあります。

2019-07-04 17.08.28

5秒ずつ水没させるはずでしたが、AirPodsの時はストップウオッチをスタートさせるのを忘れ、2秒ほど長く水没させてしまいました。

取り出したワイヤレスイヤホンを乾燥させてテストした結果、3モデルともBluetooth接続、音楽再生、録音のいずれも問題なく動作していました。

CNETは、この結果には驚かされたと評価しつつも、時間が経ってから影響が出る可能性があること、AppleとSamsungの両社が水没させないよう注意を促していることから、真似しないよう呼びかけています。

テスト3:洗濯機で洗濯

最後は、ワイヤレスイヤホンをポケットに入れたまま洗濯してしまう場合を想定した、洗濯テストです。

2019-07-04 17.10.01

洗剤を投入したドラム式洗濯機で、30分間洗濯します。

洗濯機から取り出し、水分を拭き取ってからテストすると、3モデルともBluetooth接続に問題はなかったものの、音楽再生や録音の音質には影響が出ていました。

Galaxy Budsは、片方から音が出なくなってしまいました。

2019-07-04 17.11.05

48時間乾燥させると音質が改善

さらに48時間乾燥させて、再度テストを行なった結果、各モデルとも状態が改善しました。特に、Powerbeats Proについては、ほぼ問題なく動作しています。

Galaxy Budsは、片方の音量がかなり小さいものの、洗濯直後よりは音が出るようになったそうです。

AirPodsは、音量が左右ともほぼ正常に戻っています。

2019-07-04 17.12.21

AirPodsの耐水性能に驚き

CNETは、耐水性能に関する情報がないAirPodsが高い耐水性能を持っているのは驚きだ、とコメントしています。

2019-07-04 17.13.32

ちなみに、AirPodsは、間違って飲み込んでしまった後でも正常に動作したケースも報じられています。

Powerbeats Proは、ブラックがアメリカやカナダなどではすでに販売されていますが、日本での販売は7月に開始される見込みです。

CNETによるテストの動画はこちらでご覧ください。なお、Galaxy Budsは音声メモの録音に対応しないことがテスト後にわかったため、通話でテストし直した結果、同様の結果だった、とのことです。

動画はこちら(記事引用元)https://iphone-mania.jp/news-252612/

小雨や汗ではさすがに機能がおかしくなる事は無さそうですね。

ありえそうなのは洗濯機で洗ってしまう可能性です。

iPhoneでも洗濯機に入れて回してしまったというトラブルがあるくらいなので、

コンパクトに収納が可能なワイヤレスイヤホンではなおさら気付かないことが多くなりそうです。

これからの季節頻繁に選択する回数も多くなると思われますので、一度ポケットの中など一緒に洗ってしまわないようご注意ください。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。