ホームボタンのお話

iPhone修理ジャパン渋谷店です。

 

 

本日はiPhone・iPadについているホームボタンについてお話させて頂きます。

今の新モデルiPhoneX・XsやiPadPro2018年モデル(全画面タイプ)にはホームボタン機能は廃止されています。

 

がしかし!!!!

 

Appleユーザーの方全員がiPhoneXやiPadPro2018年モデルにしているかといったらそうではありません(;’∀’)

大多数のユーザーがまだホームボタンがついている端末を使用しているかと思います。

 

そもそもホームボタンは、ホーム画面に戻ったり、マルチタスクを開いたり、指紋センサーの役割をしています。

ですが、修理でご来店されるお客様で、ホームボタンが硬くで押せなくなった・指紋センサーが効かない・ホームボタンを押しても反応しない等の故障でご来店されるお客様がいらっしゃいます。

 

なぜそのような故障に繋がったのか、いくつか事例をご紹介します。

 

ケース①経年劣化

 

このパターンは、指紋センサーが組み込まれていない端末に多い現象です。

機種は・iPhone5・5c・iPad2/3/4・Air・mini1・mini2に起こる現象です。

 

これは経年使用し続けていくと、ボタン内部のポッチと言われる部分が破損してしまう場合とホームボタンを張り付けている

プレートが弱くなり外れてしまう場合は押せなくなる症状になります。

 

この場合は、ホームボタンを交換もしくは張り直すと直るケースが多いです。

 

ケース②落として破損させた、又は、アップデートして指紋センサーが使用できなくなった

 

 

iPhone5s以降の指紋センサーが導入された機種に関しては、指紋センサーが効かなくなる

トラブルもございます。

iPhone7以降は感圧式に変更されているので、指紋センサーが効かない場合はホームボタンとしての機能も失う場合があります。

 

この症状は、主にホームボタンの破損が主な原因であると考えられます。

又はアップデートした途端に指紋センサーが反応しないなんてトラブルもあります。

 

ケース③水没

水没してホームボタンが破損し、使用できなくなったという事例もあります。

この場合、ホームボタンを交換すれば、iPhone5s~6sPlusまではホームボタンとして機能します。

ですが、交換した場合、指紋センサーが使用できなくなります。

 

iPhone7以降に関しては、先にも申し上げた通り、ホームボタンとして機能しない他、

指紋センサーも効かなくなりますので水没には十分お気を付けください(;^ω^)

 

 

【 対処法 】

 

対処方はないわけではありません。

事例のご紹介でもご説明させて頂きましたが、ホームボタンを交換すれば指紋センサー以外は使用できます。

 

また、当店では今までiPhone7以降のホームボタンを交換は非対応でしたが、今回新たにiPhone7のホームボタン修理にも

対応しておりますので、修理は可能です。

 

もちろん交換修理をしなくても、「アクセビリティ」の中にある「アシスティブタッチ」を使用すれば、画面上で操作できます。

その場しのぎの対処法ですが、この方法はとても便利な機能なので、現状ホームボタンが使えなくなっているユーザーは、この「アシスティブタッチ」を使用して頂ければ良いのではないかと思います。

 

《 設定方法 》

「設定」→「一般」→「アクセシビティ」→「アシスティブタッチ」→「アシスティブタッチ」ON

 

以上が対処法となります。

 

交換修理であれば、作業時間はiPhoneなら40分程、iPadなら90分程頂いておりますので

修理をお考えの方は是非当店にお任せくださいませ(^_-)-☆

 

 

shibuya

iPhone修理ジャパンは渋谷駅南口から徒歩5分。画面が割れた、バッテリーが持たなくなった、充電できなくなった、水没させちゃった・・。そんなiPhoneのトラブル・お悩みの解決をお手伝いいたします。 お気軽にご相談くださいね。 https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/shibuya/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。