あの機能が永久に使えなくなる・・・

iPhone修理ジャパン渋谷店です!

今年のiPhoneの新情報が続々と上がってきていますが、新たに、今年の新モデルに関する情報が上がってきました(;^_^A

r-line-3dtouch-001

新たな情報では、「3Ⅾタッチが廃止される」という情報があり、これがかなり濃厚になってきたというのです。
今日は、こちらに関する内容をご紹介させて頂きます。

やはり19年iPhoneは全モデルで3D Touch廃止か

Taptic Engine 3D Touch

全てHaptic Touchに統一?

3D Touchは2015年のiPhone6sより登場した機能で、ディスプレイを「強く押し込む」ことでショートカットやプレビューが可能になります。
単なる「長押し」とは異なり、ユーザーの強い押し込みを感圧センサーが検知、リニアモーター「Taptic Engine」が振動することによってフィードバックが返されます。

しかし、2018年のiPhone XRで3D Touchではなく「Haptic Touch(長押し)」を採用したのを皮切りに、2019年では全てのiPhoneで採用を見送るようです。

3D Touchは失敗だった?

taptic engine ifixit iphone xs max

2015年に登場した際には、最高デザイン責任者(CDO)のジョナサン・アイブ氏が「究極的には、これこそ私たちがこれまでに集中してきたことであり、Appleを突き動かしてきたものだ」と色気たっぷりに褒めそやした3D Touchですが、廃止が取り沙汰される理由は以下の2つにあります。

・Appleの予想に反して使うユーザーが少ない

・Taptic EngineがiPhone内でスペースを占めてしまう

以上の様に、機能として搭載しても、使う人があまりいない為、その存在を知らない方が多く、知らなくても通常通り使える為、そのまま使わないという方もいます。

又、Taptic Engineを搭載する際にも、幅を取ってしまう為、その分バッテリーのスペースが縮小してしまいます。コストをかけて無理に搭載するくらいなら、無い方がその分バッテリーを増量出来ます。

かつてフィル・シラー副社長は「もし単なるデモ機能に終わり、1カ月後には誰も実際に使っていないのならば、これはエンジニアの才能の途轍もない無駄遣いだ」と語りましたが、Appleがどう考えているかは今秋の新作発表会で判明するはずです。

なお、3D TouchだけでなくFace IDも来年以降見直されるのではないか、とする観測も立て続けに登場しています。

 

 

あの機能も使えなくなる!?

bikkuri_me_tobideru_woman

今回3Ⅾtouch機能が廃止されるという事でしたが、ここで悪い知らせです。

3Ⅾtouch機能がなくなる事で使用に何も支障がないので、通常通り使用は出来ます。

出来ますけど・・・・ある機能が使えなくなります

 

それは、「LINEを既読しないスルー」が使えなくなるのです!!

 

今までは3Ⅾ touchを使えば、LINEの内容を既読しない状態で受信した内容を読むことが出来ます。

ですが、Haptic TouchではLINEの既読スルーが出来ません。
なので、タイミング的に既読したくない状態で内容を見ようとすると・・・・

 

 

 

 

fc2blog_2015030320103681d

 

って感じになりますww
これがオーバーですが、状況によってはこんなテンションになるかもしれません・・
今年のモデルを購入する際は、この情報も頭に入れて置いたほうが良さそうです(;^_^A

 

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。