「マリオカートツアー」リリース1カ月で1億ダウンロード、収益が課題

Mobile_MarioKartTour_01-3eb4

1カ月前にリリースされた任天堂のスマホアプリ「マリオカートツアー」は10月28日の時点で1億2,390万ダウンロードとなり、数字から考察すると相当な反響があったことがわかります。一方でひとり当たりの課金額が低く、収益性が課題となっています。

「スーパーマリオラン」のダウンロード数を大きくリード

Google PlayおよびApp Storeでのマリオカートツアーのリリース後最初の1カ月のダウンロード数は1億2,390万ダウンロードで、「スーパーマリオラン」の2,180万ダウンロードを大きくリードしています。

また、スーパーマリオランに次ぐのが「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の1,910万ダウンロードで、その下に来るのが「ファイアーエムブレム」の970万ダウンロードです。以上を比較すると、マリオカートツアーのダウンロード数が、まさにけた違いであることがわかります。

収益性の向上が課題

現時点でマリオカートツアーは3,740万ドル(約41億円)の利益を出しており、単体で見ると大きな数字ですが、「ファイアーエムブレム」のリリース後1カ月後での収益、6,760万ドル(約74億円)には達していません。

 

また、マリオカートツアーのユーザーひとり当たりの課金額は0.26ドル(約28円)と、まだ伸びが見込める数字となっており、今後の収益拡大が課題となっています。mario-kart-tour-e1572338441291-2.jpg

マリオカートツアーのダウンロード数は驚くべきものですが、さらに上を行くのがポケモンGOです。ポケモンGOは3カ国のみのリリースで初月ダウンロード数1億6,300万を達成しました。

(引用記事)https://iphone-mania.jp/news-265108/

⬇︎⬇︎⬇︎余談ですが渋谷でたまにリアルマリオカートを見かけますね⬇︎⬇︎⬇︎

People Gather In Shibuya For Halloween(引用画像元)https://hypebeast.com/jp/2018/9/nintendo-win-court-fight-maricar

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。