水没に関して

こんにちわ!

iPhone修理ジャパン川越店です♪

 

ココ最近台風が来たり、クソ暑かったりと忙しい季節ではありますが、

ここでお客様でよく修理で来られるのが水没修理です(;・∀・)

 

 

 

台風でずぶ濡れになって水没した、水没用のケースに入れてプールに入っていたが水没した、

川に落として水没した、海で水没した等の要因でお持込されるケースが多いです。

 

 

 

 

結構油断しているケースが、防水用のケースに入れている場合です。

 

絶対大丈夫と安心していて、気づいたら浸水していたなんてよくある話です。

水没対策してあるケースと言えど、プールで泳いだり、流れるプールやウォータスライダー等で持ち込み使っていれば、自ずと衝撃等が加わり、それにより破損して水が浸水してしまうのです。(体外2000円くらいの手軽なものが多いと聞きます)

 

稀にジップロックに入れている方もいますがこれは論外ですw

浸水します絶対w

 

 

 

 

根本的に勘違いされているパターンはもう一つあります。

 

iPhoneでは7以降は耐水加工されているのである程度水に強くなっています。

 

で・す・が、、、

「耐水」と「防水」は似ているようで全く違います!!!

 

 

「耐水」は生活水(水をかけてしまった・雨に濡れた等)程度なら大丈夫ですが、

海や川で落としたらアウトです。

「防水」は生活水は勿論、ある程度の浸水させても大丈夫な強度でされているものです。

※ただし、100%水没しないというわけではありません!!

 

 

ちなみにiPhoneの場合構造上の問題で防水に構造を変更できないため、今後もAndroidのような完全防水タイプにはならないでしょう。

 

もし防水にするのであれば、内部の構造を再度見直す必要もあり、尚且高額になる可能性もありますからね・・・・

 

まぁ、水没してもApple care+に入ってれば安価で本体交換できるから大丈夫ですが(;・∀・)

 

 

とにかく、iPhoneもAndroidも防水されていない機種は海などに絶対持ち込まないで下さいね!!

 

もし、水没したとなれば、電源入れずにそのまま当店にお持ち込みください!!

出来る限り復旧できるように修理致します!!!

お持ち込みはお早めに!!!!!(^^)/