充電出来ない時は??

こんにちは!iPhone修理ジャパン川越店です。

最近「充電が出来なくなった」というお問い合わせが何件か御座います。

そこで今回は充電部分の修理のお話をさせて頂きます★

 

ライトニング

知っている方は何人かいるかと思われますが、充電部分の部品をライトニングといいます。

4や4sは幅が広いコネクタになっており、こちらはドックコネクタといいます。初期のiPadもドックコネクタでした。

さて、このライトニングがどのような役割をしているのかといいますと

 

◯充電する

もちろんライトニングは充電の役割をはたしております。USBケーブルを挿しても反応しない場合はライトニングが故障している可能性がございます。

また、電流を外部から受け取る、流す役割があるので、ライトニングが壊れていると、バックアップをする際パソコンにつないでも反応がなく、バックアップができないのです。

◯スピーカー

下から流れるスピーカー、ラウドスピーカーをつなげる役割もあります。

ラウドスピーカー自体は頑丈なので、音が出ない!自分の声が相手に聞こえない、という事がある場合はライトニングが原因の場合が大変多いです。

 

端末を動かす、使用するために欠かせないライトニングはこわれてしまうと大変困りますよね・・

 

ライトニング故障の原因となるものは・・?

◯非純正の充電ケーブルを使う

使用しているケーブルが非純正のものですと、ライトニングの故障、バッテリーの劣化の原因になってしまいます

◯埃などが詰まってしまう

埃が充電部分に詰まってしまうと上手く充電出来なくなったり、端子を潰してしまったりすることも。ここで注意!なのは

自身で清掃をするのは控えること!!

繊細なパーツなので、誤った清掃をすると逆に壊してしまうことも。

機材や部品が揃っている修理業者に頼むのをおすすめします。

USBケーブルが壊れている、対応していない時もあります!!

ライトニングが壊れているわけではなく、ケーブル自体が壊れていることも多々あります。

純正のケーブルを使いましょう。

また、iOSのエラーでも充電できなくなってしまうこともあります。

システムエラーは初期化したりしないとライトニングを交換しても直らない場合もあります。

 

ライトニングが壊れたかな??と思われた時は是非当店にご依頼下さいませ!!