すでに新型iPhoneが…!?

こんにちは。
iPhone修理ジャパン川越店です。

 

新型iPhoneが現実味を帯びてまいりました。

そんなニュースが上がっていたので紹介します。

 

 

韓国のLG Displayが、今秋発売見込みのAppleのiPhone向けに、液晶と有機EL(OLED)の両方のディスプレイを供給すると、台湾メディアDigiTimesが報じています。

LGはすでに2019年分のOLEDパネルも受注か

Appleは今秋、現行のiPhone Xの後継となるOLEDディスプレイ搭載iPhone、6.5インチのOLEDを搭載したiPhone X Plus(iPhone XI Plusとも)、そして液晶ディスプレイを搭載しやや価格を抑えたiPhone(iPhone9)の、計3モデルを発表すると予測されています。

LG Displayは、以前よりこれら新型iPhone向けにディスプレイを供給すると噂されてきましたが、DigiTimesによると、同社は今年Appleに向けて、300万〜400万枚のOLEDパネルと、2,000万枚のLCDパネルを出荷する見込みです。iPhone向けOLEDパネルは、韓国・坡州(パジュ)工場の6世代生産ライン(E6 6G)で生産される見通しとのことです。

また6世代生産ラインの歩留まり向上により、LG Displayはすでに2019年のiPhone向け6.5インチOLEDパネルも受注しており、来年は年間1,000万枚のOLEDパネルを出荷予定であると、DigiTimesは報じています。

以前からある液晶およびOLEDパネル供給の噂

LG Displayが次期iPhone用ディスプレイを受注したという情報は以前から浮上していました。5月には、6.1インチ液晶搭載モデルはLG Display製の「MLCD+」を搭載するとの報道があったほか、つい最近では同社が300万〜500万枚のOLEDパネルをiPhone向けに供給するとも伝えられています。

引用元:https://iphone-mania.jp/news-218723/

以前、LGがiPhone向け液晶を請け負うという噂がありましたね。
その話が本当で、しかも新型の話もついてくる。お得なニュースです。

OLEDとLCDの生産数の違いから、新機種の住み分けも何となく窺えるわけですが

やっぱり上位はOLEDになるんでしょうかね?
それともiPhone Xみたいなフラッグシップのような形になるのでしょうか?

そういう意味でも楽しみな、年末商戦になりそうです!

 

kawagoe

iPhone/iPad/iPod/Xperia修理のご紹介・スマフォ買取のご紹介や スマフォに関する便利な情報やお得な情報等、幅広く書いております♪ 是非ご覧くださいませ(^_-)-☆

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。