MacBook Proのバッテリー問題、日本でも。

こんにちは。
iPhone修理ジャパン池袋店です。

シェアが増えたから?それとも?

アップル製品の不穏なニュースが続きますね。
工業製品である以上は、一定数のトラブルは避けられません。

しかしユーザーにとってみれば…
手元にある製品の一つが、全てと言っても過言ではありません。

 

MacBook Proのバッテリー過熱問題、日本では約2万台が対象〜経産省が公開

Apple MacBook Pro

Appleが、15インチMacBook Proの一部でバッテリーが過熱するおそれがあるとして自主回収を行なっている対象製品は、日本国内で約20,343台ある、と経済産業省が発表しています。

経済産業省がリコール対象台数を発表

Appleは現地時間6月20日、2015年9月から2017年2月に販売されたMacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)の一部で、バッテリーが過熱し、出火などのおそれがあるとして自主回収を開始しています。

経済産業省は、日本国内で対象となるMacBook Proは約20,343台が該当する、とApple Japanからの情報をもとにリコール情報を公開しています。

リコール・製品事故情報(経産省)@kochijiko

から、 報告がありました。
15年から17年に販売された Proで、発熱して になるおそれがあり、 になります。
詳細はリンクをご確認ください。

リコール情報⇒https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/file/190621-1.html 

28人がこの話題について話しています

 

対象製品かを確認する方法

お使いのMacBook Proが、バッテリー自主回収の対象となるかは、以下の方法で確認できます。

画面左上のAppleマークから「このMacについて」を開き、MacBook Proのモデルが「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」なら対象モデルです。

さらに、AppleのサポートWebページでシリアル番号を入力し、対象製品かどうかを確認できます。

バッテリー回収の対象製品だった場合、使用を中止の上、Appleサポートに連絡を取ってください。

5月末には発火の報告も

5月末に、海外の大手掲示板サイトRedditに、2015年モデルのMacBook Proが突然発火したとの情報が投稿されています。

バッテリー自主交換の対象製品数は、アメリカだけで約40万台中国では約6.3万台とみられています。

引用記事:https://iphone-mania.jp/news-252400/

 

ことの始まりは海外からでした。
が、世界的なシェアを誇るApple製品は日本でも人気。

やはり日本で販売されたMacBook Proもバッテリー問題の対象になるそうです。
対象機種は2015年モデル(15インチ)で、クリエイターやヘビーユーザーには人気のモデル。

当店でも一度、買取で取り扱わせて頂きました。
完成度が高い印象のMacですから、しっかりとした対応を期待したいですね。