iPhone7 水没雑談②

←前の記事 「水没雑談①」はこちら

さて!それでは、精密機器の耐水性の基準について話ししていきましょう!

もちろんこれにはちゃんとした規格があります。
保護等級 IPコードで検索するとその規格に関する情報が出てきますよ。

このIPコードはざっくり説明しますと

IP◯◯ と表記し、◯の中に数字が入ります。

一つ目の数字は耐塵性、二つ目は耐水性を表現します。
これにはちゃんとした基準があります…が、長くなるので簡略化します。

耐水性等級は0-9まであります。日本では8までしか採用してませんが。

耐水性0がだと無保護。1だと水滴を10分間垂らしつつけても
重要基盤に水没は発生しない。

といったようにランクが上がっていき、

7まで行くと、深さ1mの水槽に30分間沈めても平気 になります。
iPhone7の耐水ランクはこの7ですね。

某Youtuberさんの水没実験は数分湯船に漬け込む程度ですので、
これをパスできなくては、
製品として問題があることになってしまいます。

ただし、新品である内はね。

はい。新品であるうちはですよ。

では次の記事で、iPhone7の耐水性が落ちるとはどういうことなのか、
実はとてもシンプルな理由なのですが、サラッと説明してまいります!

↓続きはこちら!↓

次の記事「水没雑談③」へ→

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 2018年3月2日

    […] 次の記事「水没雑談②」へ→ […]

  2. 2018年3月2日

    […] ←前の記事 「水没雑談②」はこちら […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。