ipad専用OS登場「iPadOS」

こんにちは。
iPhone修理ジャパン池袋店です。

昨夜WWDC内で発表された内容の中に…
iPadOSなるものが…

従来のiPadはiPhoneなどと同じiOSを共有していましたが…
iPad Proの登場から、iPadの役割が少し変わってきました。

パソコンに置き換わる可能性を秘めたタブレット。
しかしその足かせになっていたのは、ソフトウェア面でパソコンほどの自由度がないことやマウスやスマートメディアへの対応が遅れていた点です。

そこで重要になるのが、このiPadOSということらしいです。

 

Apple、iPadに特化したiPadOSを発表

これまではiPad、iPhone、iPod touchが同じOSを共有していましたが、Appleは現地時間6月3日に開幕した世界開発者会議(WWDC 19)の基調講演において、iPadに特化したOS「iPadOS」を発表しました。

iPadOSの機能とは

iPadOSの基礎はiOSですが、iPhoneよりも大型のiPadのディスプレイを活かし、新たな機能やジェスチャを追加しています。ホーム画面のレイアウトを変更してより多くのアプリが一度に見られるようにするとともに、複数のアプリを簡単に切り替える機能などが導入されています。

新ホーム画面


ホーム画面のレイアウトが変更され、「Today View」が追加できるようになります。カレンダーの予定や天気予報、写真などのウィジェットを簡単にチェックすることができます。

スプリットビューとスライドオーバー

iPadOSでは同じアプリを2つのウィンドウで同時に開いて同期させながら作業する「スプリットビュー」、複数のアプリを並べて開く「スライドオーバー」が可能になります。たとえばあるメールを開いて閲覧しつつ、隣で別の人に宛てたメールを書く、カレンダーを開いて予定を確認しながらメッセージを作成して送信する、といったマルチタスキングが可能です。

テキスト入力・編集

iPadOSではいくつかの新しいジェスチャが追加され、編集作業効率が大幅に向上します。タップして選択した部分を指3本でピンチしてコピー、ペーストしたい場所をタップして指3本を広げるだけでコピーできます。指3本でスワイプすれば取り消せます。

「ファイル」アプリ

iCloud Driveがフォルダ共有に対応し、フォルダ共有の権限を持つユーザー全員が、iCloud Drive内にある共有フォルダを閲覧可能となります。さらにiPadに挿したUSBドライブやSDカードなどの外部ドライブ内のフォルダにも、「ファイル」アプリからアクセスすることができます。

そうなるとディレクトリが複雑でわかりにくくなりがちですが、新たに追加された「カラムビュー」により、ディレクトリ内がより見やすく、把握しやすくなっています。

Safari

iPadOSのSafariでブラウジングすると、Webサイトが自動的にデスクトップ版として表示されます。かつiPadの画面サイズに合わせてスケーリングされ、最適化されるため、Mac用Safariとは異なり、「タッチ」にも適切に対応しています。iPadOS用Safariにはまた、30の新しいキーボードショートカット、ダウンロードマネージャーなどの新機能が追加されています。

Apple Penil

iPadOSではApple PencilがよりiPadで使いやすくなるように、機能向上しています。画面のコーナーからApple Pencilで上にスワイプするだけで、ドキュメントにマークアップする、メールや文書を送信することが可能になります。

レイテンシもこれまでの20ミリ秒から9ミリ秒へと改善されています。

iPadOSは本日ベータ版が開発者向けに配布され、正式版は今秋公開予定です。なお対応端末はiPad Air 2以降、iPad Pro全モデル、iPad(第5世代)以降、iPad mini 4以降となっています。

 

引用元:iPhone mania

詳細を見ると、かなりパソコンに近い使い方が出来るようです。
マウスも使えて、メディアの管理もファイルで可能となれば…

今までiPadの弱点がかなり克服されますね。

そうなるとモバイル最強の日も近いのでは?
勿論、iPadOSはProシリーズに限らず最新モデルの各iPadも対応するので…

一気にデカイiPhone的存在からモバイル端末の地位が確かな物になるのでは?