2020年、出るかのか出ないのか?どっちなんだい!!iPhoneSE2!!

iPhone修理ジャパン池袋店です。

 

最近iPhone5sやSEを修理でお持ち込み頂く方とよくお話させて頂くのですが、
どのユーザーも「この大きさが丁度いいから使っている」という方が殆どでした。

それほど、4インチスマホは、ミドルユーザーにとっては扱いやすいiPhoneなのでしょう。
更にいうと、iPhoneSE2が出るのを待っているという方もかなり多かったです。

そこで、とある記事にiPhoneSE2関連の情報が著名アナリストの予想と共に公開されていたのでご紹介いたします。

 

 

iPhoneSE2が出るのは2020年!?著名アナリストが予測

Apple製品関連の予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が2020年第1四半期(1月〜3月)AppleはiPhone SE 2をリリースする、との予想を明らかにしました。
筐体のデザインはiPhone8になるとのことです。

 

9月の日経の報道とも一致

クオ氏によれば、次世代iPhone SEのハードウェア仕様はiPhone8と似たものになり、2020年に3,000万台〜4,000万台出荷されるとのことです。

iPhone SE 2が2020年始めに出るという情報は、9月上旬の日経の報道の内容とも一致します。日経は、iPhone SE 2は4.7インチ液晶で2020年春に発売されると報じました。

クオ氏は、9月末にも2020年のiPhoneについての予測を発表しましたが、そのとき筐体はiPhone4のような金属製フレームをガラス板で挟み込むデザインになる、と述べていました。

 

iPhoneSE2は、4インチのではない!?

もし今回のクオ氏の予測が正しく、iPhone SE 2の筐体サイズがiPhone8に近いものになれば、多くのユーザーが求めていたようなディスプレイの小さいiPhoneモデルは実現しないことになります。

しかしながら、iPhone8でも最新iPhoneモデルと比べると十分にディスプレイサイズは小さく、現行フラッグシップモデルと同じA13チップの搭載が見込まれるため、一定の需要を満たすのではないかと推測されています。

引用記事 : iPhoneMania

https://iphone-mania.jp/news-263092/

 

4インチiPhoneの時代ではない?

 

今回のアナリスト予想では、iPhoneSE2はiPhone8のサイズになるという予想がされました。
冒頭でも書かせて頂きましたが、4インチiPhoneを使っている方は大きさが特に気に入っている方ばかりです。

もしiPhone8と同じ大きさでモデルチェンジされるとなれば、4インチユーザーからは微妙な表情をされそうです(-_-;)

ちなみに、今のスマホ業界のデザインの傾向として、「大画面で綺麗な映像」「カメラ性能」この辺りに重点を置いています。

 

大画面という事になると必然的にスマホを大きくしないと大画面とは言えません。
しかも、今のスマホは4インチ以上が定番化してきています。
4インチスマホの欠点としては、基盤が小さくなる上に端末内部の面積も少なくなるので、どうしてもスペックが落ちる傾向にあります。

カメラ性能もこだわるユーザーが少なくないので、高性能なカメラ(特にデュアルカメラやトリプルカメラ)を搭載するには4インチでは足りないのです。

もし、今のiPhone11並みの性能を持たせるとしたら、CPUだけが限界でしょう。

そしてもう一つ4インチでなくする理由が、世界の需要の関係があるかと思われます。
海外の方は、大きいスマホを持っている印象なので、4インチでは非常に小さいと思われているでしょうし、何より、今現状5インチ以上のスマホを使っているユーザーが4インチに戻ることはまず考えられません。

 

そういった需要と供給の関係で、4インチのiPhoneが作られることは考えずらいと思います。
日本が一番iPhone需要が高いので、日本限定であれば売れるのではないでしょうか??

この情報が良い知らせなのか悪い知らせなのかはさて置き、また新たな情報あればブログに書きます。

乞うご期待!!