新型iPhone「iPhone11」公開…?

こんにちは。
iPhone修理ジャパン池袋店です。

そろそろ本格的な情報が出てもおかしくない季節です。
ウワサでは今年の秋から冬にかけて登場予定の新型iPhone

その姿を写した動画が話題です。
(といってもダミーモデルだそうですが…)

「iPhone11」のダミーモデルを撮影した動画、著名YouTuberが公開

iPhone11 MKBHD

iPhone11、iPhone11 Max、iPhone11Rとして噂される次期iPhoneのダミーモデルの動画を、著名YouTuberが公開しました。カメラを囲む四角形の枠などのデザインを確認することができます。

iPhone11シリーズのダミーモデルを撮影した動画

例年どおりなら今年9月の発表が見込まれる次期iPhoneは、2018年と同じ3モデルで、名称はiPhone11、iPhone11 Max、iPhone11Rなどと噂されています。

著名YouTuberで、「MKBHD」として知られるマーカス・ブラウンリー氏が、3モデルのダミーモデルを紹介する動画を公開しました。

3モデルとも、2019年初めにリーク画像が出回って議論を呼んだ四角形の枠にカメラが収められたデザインとなっています。

iPhone11 MKBHD

iPhone XSとiPhone XS Maxの後継にあたる、iPhone11とiPhone11 Maxは、超広角カメラを追加したトリプルカメラになると噂されています。

iPhone11Rのカメラはデュアルカメラとなりますが、カメラを囲む枠はiPhone11とiPhone11 Max同様に四角形となると伝えられています。

双方向ワイヤレス充電採用、3D Touch廃止などの噂も

Apple関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が2月に予測した、背面へのすりガラス採用は、動画に映っているダミーモデルには反映されていません。

クオ氏は2019年のiPhoneについて、双方向ワイヤレス充電機能が採用され、iPhoneからAirPodsのワイヤレス充電ケースなどにバッテリーを供給可能になる、との予測を繰り返し発表しています

このほか、iPhone6sで採用された3D Touchが廃止されるとも噂されています。

マーカス・ブラウンリー氏による動画はこちらでご覧ください。

引用記事:https://iphone-mania.jp/news-254024/

今までリーク画像で見ていた印象よりも動画で見た印象のほうが違和感はありませんね…。

しかしカメラ枠の存在感は、強大です。

そしてこのカメラ部分の損傷事故は増えるだろうな…とも感じます。
面積が大きく、出っ張っているわけですから…仮に

「画面から落ちなくてよかったー」

と思っていても…

「あ、カメラと背面ガラスが…」

となる確率は上がっているわけです。
最初のiPhoneを企画した今は亡きスティーブ・ジョブズ氏は

「iPhoneにケースをつけるなんて有り得ない」

と言ったとか、言わなかったとか…
iPodのようなステンレス筐体の頃はケースが無くても良かったのでしょうけれど…全てが繊細になってしまったこれからのiPhoneにはケースの装着が絶対でしょう。

 

ikebukuro

iPhone・iPadのお悩みはiPhone修理ジャパン池袋店へ! お客様の大切な端末をしっかりと修理いたします! 本ブログでは、日々、修理研鑽を積んだスタッフによるお得な情報をお伝えしております。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。