世界的にスマフォの売れ行きが低下?!

iPhone修理ジャパン池袋店です(*´∀`*)

 

今現在スマフォが世界的に売れなくなってきているとのことです^^;

 

どの様な内容なのか、具体的に見ていきましょう・ω・

 

 

 

 

【 世界的に売り上げペースが鈍化 】

調査企業Strategy Analyticsによると、2017年に販売されたスマートフォンは初めて15億台の大台を突破しました。しかし、2016年からはわずか1.3%の伸びに過ぎず、完全に頭打ちの状況を迎えています。

また、別の調査企業Gartnerの調べでも、2017年第4四半期(10~12月)に販売されたのは4億800万台と、前年同期比である2016年第4四半期からは、5.6%の減少を見せています。減少は、2004年から開始したスマートフォン市場の調査において初めてのことでした。

他にも、先日発表されたヨーロッパ市場における2018年第1四半期(1~3月)のスマートフォン出荷台数は、西ヨーロッパに限れば、軒並み前年同期比で20%前後のマイナスを記録しました。

 

【 キーワードは「買い替え」 】

こうした需要の鈍化は、スマートフォンを求めるユーザーが「買い替えサイクル」にもとづいて動くようになってきたからではないか、とも言われています。

つまり市場が、“最初の1台目”を購入する層ではなく、すでに所有しているスマートフォンを買い換えようとするユーザーの動向に大きく依存するようになってきた、というわけです。さらに、スマートフォンの進化によって、買い替えサイクル自体が伸びていることも理由です。

韓国メディアのKorea Timesは、2年前に購入したGalaxy S7 Edgeから新しい端末へと乗り換えようとしたものの、モバイル決済も使えるし、デザインも時代遅れでなく、バッテリーの持ちもいいことに気づき、引き続き手元のS7 Edgeを使うことにした、というユーザーの例を挙げています。

こういった「まだ使えるのに、なぜ買い換える必要があるのか」という消費者の心境の変化は、世界中の先進国で起きているに違いありません。

 

元記事 : iPhoneMania

https://iphone-mania.jp/news-212202/

 

 

 

 

世界的に鈍化しているとのことですが、「まだ使えるから」というのが

キワードになっているみたいですね^^;

 

これは、今変えるのが勿体無いのか、単純に不都合がないからか、今のスマフォが高価だからか

それとも、次の目的の新機種が出るのを待っているからなのか・・・?

 

いずれにせよ、世界的にスマフォの関心度が低下していることに間違いなさそうですね。

 

今の日本で言うと、「車離れ」もそうですが「洋服離れ」なども関係しますね(;´Д`)

ある程度の年齢ならまだしも、若い人はそこまで興味が無いのかもしれません。。

 

使えるし、別に興味ない的な?(ならなんだったら興味あるんだって感じですが・・・・)

 

個人的には興味あるんですが、若い人はそうでもないんでしょうね・・・・

 

ikebukuro

iPhone・iPadのお悩みはiPhone修理ジャパン池袋店へ! お客様の大切な端末をしっかりと修理いたします! 本ブログでは、日々、修理研鑽を積んだスタッフによるお得な情報をお伝えしております。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。