リコール対象のMacBook Pro発火事例。

こんにちは。
iPhone修理ジャパン池袋店です。

以前、紹介したMacBook Proのバッテリー不良問題。
その具体例が紹介されています。

リコール対象の15インチMacBook Pro、焼け焦げた画像が公開

macbookprodamaged2-800x600

Appleがリコールを発表した15インチMacBook Proが、実際に過熱によりダメージを受けた様子を撮影した画像が、Web上で公開されています。

充電していない状態で発火

Appleは6月20日に、2015年9月から2017年2月にかけて販売された15インチMacBook Proのリコールを発表しました。その同じ日に、フロリダ州ペンサコーラ在住のデザイナー、スティーブ・ガニエさんが自身のFacebookページで、バッテリーの過熱により発火した15インチMacBook Proの写真を公開しています。

すでに就寝していたガニエさんは、何かが破裂する音で目が覚めました。ベッドから飛び起きると、コーヒーテーブルの上に置いていたMacBook Proが燃えていて、家の中には煙と、化学物質が燃えた臭いが充満していたそうです。

ガニエさんによれば、MacBook Proは充電中ではなく、スクリーンの閉じたスリープモードの状態でした。

写真を見ると、MacBook Proの背面には焼け焦げた穴が空き、タッチパッドの手前側はすすだらけで、かなり激しく燃えたことがわかります。

macbookprodamaged1-800x599

米国だけで432,000台がリコール対象に

米国消費者製品安全委員会(CPSC)によると、アメリカだけで約432,000台、カナダ保健省によればカナダでは約26,000台、中国では約63,000台、経産省によれば日本では約20,000台が、リコールの対象となっています。

 

引用記事:https://iphone-mania.jp/news-252789/

今回は、充電中ではなくスリープ状態での発火事故とのこと。
確かにスリープは、稀に上手く作動せず処理が動き続けていたりすることもあります。

が、それでここまで損傷してしまうのは…
やはり電源の管理、リチウムイオン電池の性質に何らかの不具合を抱えているのでしょう。

アメリカでは対象のMacBook Proが

43万台

とも言われているので、大きな打撃となるでしょう。