高架下に新たなAKI-OKA施設オープン

iPhone修理ジャパン秋葉原店です。

秋葉原界隈は平日・土日問わずたくさんの人が訪れ、昼も夜も街が賑わっています。そんな秋葉原に、来月新しい施設が誕生します!

ジェイアール東日本都市開発は、秋葉原~御徒町駅間の高架下に新商業エリアとして「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」 の第一期開業を発表しました。当初、先行してホテルの開業が予定されていましたが、商業施設と合わせ同時オープンとなるようです。

2019年12月12日(木)オープン

エリアは商業施設4棟、宿泊施設1棟からなり、第一期として宿泊施設と2棟の物販エリアをメインにオープンします。オーディオやカメラ、ホビー、クラフトジンの蒸溜所など新規出店、新業態ばかりの個性的な専門ショップと、秋葉原でロハスを感じる新感覚の高架下ホテルが集結します。

商業施設は、秋葉原の地で「日本の技術」に敬意を表し、その魅力を再び発信すべく、かつての電気街を意識した、こだわりある専門的で独特な世界観を目指します。倉庫や工場をデザインモチーフに無骨で飾らない建物の中には、秋葉原らしいプロダクトの商品の販売や中古買取、修理などの物販エリアと、食の技術を感じる飲食エリアを展開。かつて秋葉原に足しげく通っていた人、自分だけのこだわりを見つけたい若者、日本が好きな訪日客の方々が、「未知のワクワクとスグレモノを探すことができる」ショップが集結します。

オープンに合わせ「家電蒐集家 DESIGN UNDERGROUND主宰 松崎順一氏」によるラジカセの販売や、ワークショップ等のイベントも予定しており、松崎氏の懐かしさと新しさが共存する独特の世界観が楽しめます。イベント詳細はSEEKBASE公式HPに順次公開するそうなので、こちらもチェックしておきたいですね。

 

また、年々宿泊需要が高まっている秋葉原で、高架下の宿泊施設「UNDER RAILWAY HOTEL AKIHABARA」がオープンします。多彩なホテルを運営し、訪日外国人向けのメディア、アプリなども運営する、株式会社IKIDANEを運営事業者として、国内観光客、訪日外国人および近隣ワーカー等をターゲットに、価格帯を抑えつつも居心地の良いホテルになっているそうで楽しみです。
通常のダブルタイプに加え、大人数部屋を多数用意し、ファミリー層にも対応。多種多様な店舗やコンテンツがひしめく秋葉原でゆったりとした休息がとれるよう、コンセプトは「アーバン(都会の)ロハス」、観光や仕事で溜まった疲れをリセットできるホテルです。
高架下という立地ながら、その空間を有効に活用した内装も特徴です。またホテルゲスト以外も利用できるカフェ&バーもホテル内に併設。都内の主要な観光地にすぐにアクセスが可能なJR秋葉原駅至近という好立地で、東京観光の「最前線基地」として需要が見込まれます。

 

あらたなモノ・コト・人に出会え、いつもワクワクが製造されているようなエリアを目指して2020年春には第二期オープンも予定、同駅間高架下にある既存施設「2k540」「ちゃばら」等とも繋がり連携することで、一帯の「AKI-OKA」エリアの賑わいが期待されます。

 

「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」

探求する(=SEEK)基地として、マニアックな探求に興味を持つ人たちが集まる場所、大人の基地になるよう名付けられました。ここから新たなモノ、コト、出会いが生まれる(製造される)場所を目指すという意を込められています。
ロゴは直線的で無骨、重みを感じる構成で、見方によって「基盤の配線やコンテナ」のようなオブジェクトにも、「シーク」という文字にもみえるようなデザインで、秋葉原の実直で熱心なものづくりやヒトの魅力を表現しているそうです。

一年を通していつも賑やかな秋葉原ですが、年末でより賑わう時季に新たなスポットがオープンし、ますます人気の街になりそうですね。古くから発展を続けてきた秋葉原から、まだまだ目が離せません!

引用記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000180.000015279.html

akihabara

JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩1分!! iPhone修理/iPad修理/買い取り専門店 ☑ガラス割れ・ガラス交換 ☑液晶破損・液晶交換 ☑バッテリー・電池交換・充電・ライトニング ☑インカメラ・アウトカメラ ☑ホームボタン・スリープボタン・ボリュームボタン ☑スピーカー・イヤホン ☑水没 ☑リンゴループ ☑リカバリーモード ☑初期化 ・・・etc

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。