こんにちは!iPhone修理ジャパン秋葉原店です☆

今回お話させて頂くのは・・

o0600045013359358698

曲がってしまったiPhoneやiPadは修理できるの??

というお問い合わせが何件かございます。

実際見させていただいてからの判断になりますが、

フレームは完全に修正することはできません。

少し歪んでしまってパネルがうまくはまらない等でしたらはまるよう修正出来ますが、それでも完全に元の形、というのは再現できないのです( ;∀;)

 

フレームが曲がったり歪んだりしてしまうと、

 

内側の圧で液晶に傷がついてしまう

基板部分にダメージや負荷がかかってしまう

ケースにはまらなくなる

修理の際部品がうまくはまらなくなる

という症状が出てしまいます。

menu_img01.jpg

フレームは脆いです!!

上記のような使用にかかわる症状が出てしまうiPhoneやiPadのゆがみ・・・

熱やポケットに入れているだけで簡単に歪んでしまうのがさらに酷なところ。

中には中心部分にトンカチで殴られたような痕がある端末も見たことがございます。

原因はなんとカバンの中の本でした。角が何度も何度もぶつかったのでしょう。

幸い基板やバッテリーにまでダメージが入っているようではなかったので安心しましたが、

「え?こんなもので??」と思うものまで歪みやへこみを生んでしまう原因となることがございます。

ケースをしっかりつけることをおすすめします。

 

それでも歪んでしまった!へこんでしまった⁉

そんな時は是非当店にご相談下さい!

実際見させていただいて、対処させていただきます☆