各メーカーから折り畳みスマホの開発が進む中、

Huaweiから最新の折りたたみスマホ「Huawei MateX」が発表されました。

気になるデザインとは、

 

Huaweiはスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress(MWC)」において、同社初の折りたたみスマートフォン「Huawei Mate X」を発表しました。

たたむと6.6インチ、広げると8インチディスプレイに

Huawei Mate X

Mate Xは、Huaweiが「ファルコンウィング(Falcon Wing)」デザインと呼ぶ、伸び縮みするヒンジと折り曲げ可能な有機EL(OLED)ディスプレイを採用。たたんだ状態では6.6インチのスマートフォンですが、広げると8インチのタブレットに変身します。折りたたんだ状態での厚みは11ミリ、広げると薄い部分は5.4ミリになります。

個人的にこのデザイン嫌いじゃないです。

最初のコンセプト画像を見た時はいささか心配でしたが、

これは少しほしいですね。

Huawei Mate X

フロントカメラとリアカメラを統合

Samsungが先日発表した「Galaxy Fold」がディスプレイを内側にして折りたたむデザインであるのに対し、Mate Xはディスプレイを外側にして折りたたむ形となっています。そして片側のサイドに厚みをもたせ、その部分にLeica製カメラ(4つのレンズ)を内蔵しています。そしてMate Xでは、フロントカメラとリアカメラが同じカメラシステムを使用する仕組みです。

Huawei Mate X

指紋認証センサーは電源スイッチに埋め込まれており、バッテリー容量は4,500mAh。チップは7nmプロセス製造のHiSilicon Kirin 980、8GBのRAMと512GBのストレージを搭載しています。

Huawei Mate X

お値段は約289,000円!

またHuawei Mate XもGalaxy Fold 同様、5Gネットワークに対応します。

価格は2,300ユーロ(約289,000円)で、6〜7月頃に発売となる見通しです。

 

引用元 https://iphone-mania.jp/news-240117/

お値段が・・・。

とてもじゃないけど手が出せないです”(-“”-)”

PC買えますね。

恐らく日本では発売される可能性が低いですが、

発売されるとしても価格で需要は低そうです。