iPhoneも「折り畳み」の時代へ。

近年急速に各メーカーから発売が予想されている「折りたたみスマホ」。

ここにきてAppleも折り畳み式のiPhoneを開発しているのでは?との情報が流れてきています。

なんでもAppleが新たに折りたたみの特許申請書を製作した画像が公開されたことが発端のようです。

Apple、やはり折りたたみiPhoneを開発中?新たな特許申請書が公開

今月末スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2019(MWC 2019)」では、複数の企業が折りたたみ可能なスマートフォンを発表すると見られていますが、Appleも同様のデザインを検討していることを示す、新たな特許申請書が公開されました。

複数のデザインを考案

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2月14日に公開した特許申請書を見ると、Appleはディスプレイを中央で内側にして折りたたむパターンと外側にして折りたたむパターン、また3つ折りにするパターンなど、複数のデザインを考案していることがわかります。

液晶ディスプレイ(LCD)は折り曲げることはできませんが、有機EL(OLED)ディスプレイは柔軟性があるため折りたたみ可能です。

Samsung、LG、Xiaomiらが折りたたみスマホを発表か

実際、すでに中国Royoleが、今年1月開催の「CES 2019」において、フレキシブルOLED搭載の折りたたみスマホ「Flexpai」を一般公開しています。

Samsungは2月20日開催のスペシャルイベント「Samsung Galaxy UNPACKED」において折りたたみGalaxyを発表する可能性が濃厚なほか、MWC 2019ではLGXiaomiEnergizerが、折りたたみスマホを発表すると報じられています。
Appleも数年前より折りたたみ可能なディスプレイに関する特許を複数申請しており、USPTOが2016年11月2017年11月にも申請書を公開しています。

引用元 https://iphone-mania.jp/news-239606/

 

iPhoneXからAppleも有機ELディスプレイを採用し始めた頃から折り畳みを検討してるのではと以前から噂されておりましたが、

やはり時代に乗っかる形でiPhoneにも折り畳み式が発売されるのはほぼ確実ではないでしょうか。

ただ今年Appleよりも先にその他のメーカーから続々と折り畳み式のスマートフォンが発売されます。

それらの評価によっては今後Appleが軌道修正を行う可能性も大いにあると思います。

はたして時代は「折り畳み」の時代となるのか。

akihabara

JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩1分!! iPhone修理/iPad修理/買い取り専門店 ☑ガラス割れ・ガラス交換 ☑液晶破損・液晶交換 ☑バッテリー・電池交換・充電・ライトニング ☑インカメラ・アウトカメラ ☑ホームボタン・スリープボタン・ボリュームボタン ☑スピーカー・イヤホン ☑水没 ☑リンゴループ ☑リカバリーモード ☑初期化 ・・・etc

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年2月21日

    […] iPhoneも「折り畳み」の時代へ。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。