iPhone SE2開発は続いていた!?名称新たに「iPhoneXE」

iPhoneSE2が発売されるとの噂が流れ活気だったのが去年の話。

その後は新しい情報は流れておらず、ついにはSE2は発売されないとの情報が流れる始末。

半ば諦めていた去年から今年始まって半月ほど、

突如として希望が持てるような情報が飛び込んでまいりました!

iPhone SEの進化版?「iPhone XE」のコンセプトデザインが登場

名称が「XE」となっておりますが既にコンセプトデザインが出来ていることから、

これは元「SE2」ではないかと自分は考えております。

ではそのデザインをご紹介いたしましょう。

 

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

如何ですか?

アウトカメラの形は気になるものの、5Sのデザインを推しているユーザーの方たちには理想のデザインではないでしょうか。

以下詳細です。

次期iPhoneに搭載されると噂の機能や特徴を、iPhone SE風のデザインと融合した「iPhone XE」を想像したコンセプトデザインを、イタリア人デザイナーのアントニオ・デ・ロサ氏が公開しました。

iPhone SEと同様の直線的なフレーム

先日、最新スマホのトレンドを盛り込んだ「iPhone X2」のコンセプトデザインが話題となったアントニオ・デ・ロサ氏による「iPhone XE」は、本体のフレームがiPhone SEと同様の直線的なデザインとなっているのが特徴です。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

2018年11月に発売されたiPad Proと同様、ディスプレイを本体の縁ギリギリまで拡大し、角を丸めたデザインと、スピーカーをフレームに移設することで小型化したノッチ(切り欠き)が想定されています。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

画面は6.6インチの有機EL(OLED)ディスプレイを採用し、本体表面の93.6%をディスプレイが占めるフルスクリーンデザインとなっています。

最新の通信規格に対応

背面カメラは、開発初期の検討段階とされるリーク情報と同様、3つのレンズとLEDフラッシュを正方形の枠に埋め込んだレイアウトです。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

ボディーカラーは、ディープブルー、シャイニーブラック、ゴールドホワイトの3色が想定されています。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

ちなみに、「ディープブルー」は、2016年のiPhone7が発表される前、本体カラーに追加されるとの噂が流れていました。

Apple発表会ふうの画像も

Appleの発表イベントをイメージした画像も製作されています。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

2019年のiPhoneに搭載される可能性が報じられた最新規格の「Wi-Fi 6」と、iPhoneの対応は2020年になると予測されていますが、「5G」にも対応しています。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

ストレージ容量は512GBと1TBが用意され、価格は1,199ドルと、最低価格はiPhone XS Max(64GB)よりも100ドル高いですが、ストレージ容量512GBで比較すればiPhone XS Maxよりも300ドル安く設定されています。

iPhone XE コンセプト Antonio De Rosa

今年こそは噂ではなく現実にしてほしいですよね。

しかもフルスクリーンで画面も大型化!!

自分にはiPhoneXSやXRよりも魅力的に思えます。

今後続報が出次第伝えていこうと思っております。

引用元 https://iphone-mania.jp/news-237995/

akihabara

JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩1分!! iPhone修理/iPad修理/買い取り専門店 ☑ガラス割れ・ガラス交換 ☑液晶破損・液晶交換 ☑バッテリー・電池交換・充電・ライトニング ☑インカメラ・アウトカメラ ☑ホームボタン・スリープボタン・ボリュームボタン ☑スピーカー・イヤホン ☑水没 ☑リンゴループ ☑リカバリーモード ☑初期化 ・・・etc

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年2月12日

    […] iPhone SE2開発は続いていた!?名称新たに「iPhoneXE」 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。