次世代のiPhoneはminiサイズ!?

SE以降大型化が主流となったiPhoneですが、

その大きさから操作しずらいというユーザーも多いのではないでしょうか。

今では子供も持っているのが当たり前となっているiPhone。

現状の大きさだと手のひらには合わずに落としてしまう事もあるかと思います。

そんな中朗報が飛び込んでまいりました!

手のひらサイズのiPhoneはいかが?コンセプト画像が公開

iPhone XS Maxよりも40%以上小さい、「iPhone X Mini」と名付けられたiPhoneのコンセプト画像が公開されています。

iPhone X Mini

指が届かず苦労する子どもと高齢者がヒントに

コンパクトな手のひらサイズの「iPhone X Mini」を考案したのは、デザイナーのドンヘ“クリストファー”キム氏です。小さなiPhoneのアイディアは、子どもがPlusサイズのiPhoneにかかってきた電話に出ようとしているのを見たときに思いついたとか。また高齢者が片手でiPhoneを操作しようとして、画面の上の部分に指が届かずに苦労している場面を見たことも、ヒントになったといいます。

キム氏は「このサイズと形なら、すべてのコーナーに親指が届く。Appleが出している新しいラインナップと違って軽いので、どんなポケットにも入れられる」と説明しています。

iPhone XS Mini

iPhone XS Mini

販売終了となったiPhone SE

一部のユーザーの間で今も根強い人気があり、一時期は後継モデル「iPhone SE 2」の登場が噂されたにも関わらず、Appleは4インチディスプレイを搭載したiPhone SEの販売を終了してしまいました。

そのため現在販売中のiPhoneのなかでもっとも安価なモデルは、iPhone SEよりも150ドル(約17,000円)も高額なiPhone7となっています。
Palmが10月に発表した、ディスプレイサイズわずか3.3インチのAndroidフォン「Palm」をほうふつとさせる、今回のiPhone X Miniのようなコンパクトかつ安価なiPhoneの登場は果たして今後あるのでしょうか。

iPhone3GSを思い出させるデザイン

コンセプト画像を見るとどことなく日本では初めて発売されたiPhone。

「iphone3GS」を思い出します。

確か3GSもこれぐらいの大きさだったような気がします。

あの頃のデザインは奇抜で今でも未使用品はオークションで高く落札されるほどの人気を集めています。

ただ、今の大画面で見る動画や、ゲームをする場合は物足りなさを感じるかもしれませんね。

あくまで子供や老人にターゲットを絞った戦略なのかもしれません。

引用元 https://iphone-mania.jp/news-235326/

 

akihabara

JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩1分!! iPhone修理/iPad修理/買い取り専門店 ☑ガラス割れ・ガラス交換 ☑液晶破損・液晶交換 ☑バッテリー・電池交換・充電・ライトニング ☑インカメラ・アウトカメラ ☑ホームボタン・スリープボタン・ボリュームボタン ☑スピーカー・イヤホン ☑水没 ☑リンゴループ ☑リカバリーモード ☑初期化 ・・・etc

あわせて読みたい

1件の返信

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。